羽田美智子

羽田美智子が主演を務めるオトナの土ドラ『隕石家族』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)が、4月11日からスタートする。

本作の舞台は、巨大隕石の接近で地球滅亡まであと半年の運命にある東京。幸せに暮らしていた門倉家に起こる、主婦・久美子(羽田)の突然の主婦卒業&恋愛宣言。そこから家族の知らない一面が次々と明かされ、毎回シリアスな告白がみどころのスペクタクルホームドラマ。羽田のほかに、長女の美咲役で泉里香、次女の結月役で北香那、義母の正子役で松原智恵子、夫の和彦役で天野ひろゆき(キャイ〜ン)、久美子の憧れの人・片瀬清人役で中村俊介らが出演する。

脚本を担当する小松江里子とは、羽田にとって初主演だった昼ドラ『花のれん』(2010~2015年)でタッグを組んだ中。今回演じる久美子については「『花嫁のれん』シリーズの時もそうだったのですが、いつの間にか自分と一体化しちゃう不思議な傾向があるんです。小松さんが考える“私(羽田)にやらせたら面白いだろうな”という役と、私自身がすごく共振し合っちゃって、いつしか自分なのか役なのか分からなくなるくらい似ちゃうんですよね。すごく自分に近い役なので、役作りという意味では特に苦労はなく、地のまま演じている感じです。ただ、自分よりはるかに久美子さんのほうが、ぶっ飛んでいますけどね(笑)」とコメント。

続けて「1話の最後に“えー!”ってなって、2話の最後にも“はぁ?”ってなって、3話では“嘘!?”、4話には“マジで!?”って。目の離せない展開が最終話まで続くので、眠くなっちゃった方は録画していただいて(笑)、最後まで見ていただければ嬉しいです!」と呼びかけた。

<第1話あらすじ>
20XX年。巨大隕石が地球に衝突するまであと半年。終末の日が目前に迫る中、ギリギリの秩序を保つ日本の、東京・世田谷に住む、門倉家。「あたし、好きな人がいます」……ごく普通に主婦の義務を果たしてきた門倉久美子(羽田)が、突然自分の気持ちに正直になりたいと衝撃の告白をして家出。最後の時を家族一緒に迎えたいと願っていた夫・和彦(天野)を始め、門倉家は大混乱に! しかも家族それぞれ秘密を抱えていて……。地球最後のスペクタクルホームドラマ、開幕!!