おためしコスメナビ

パーマやカラーリング、日々のストレス、食生活の乱れ…ダメージが積もり積もったハイダメージの髪は「タンパク質」を求めている!? 『ヘアザプロテイン』は、輝きを失った髪にプロテインのパワーを与えるヘアケアアイテム! SNSで話題騒然のプロテイン美髪チャレンジを、乾燥に悩む記者がやってみた!

髪がパサつく、うねるのは髪が空洞化している!? プロテインシャンプーで美髪トレーニングを始めよう!

春夏は紫外線、秋冬は乾燥、ストレスや生活環境の変化は一年中。しかも流行のグレージュカラーやアッシュカラー、ゆるふわウェーブをつくるカラー&パーマは、髪にダメージを与えやすい。私たちの髪は、普通に暮らしているだけでキューティクルがどんどん開いて剥がれていき、「ケアしているのにパサつく」「指や櫛がひっかかる…」「うねりや広がりがすごくて、整髪料なしではまとまらない」なんて状況に。

そんな中、今話題の美髪トレーニングがあると聞き、さっそくチェック! すると、筋力や身体づくりのイメージが強い「プロテイン」で髪を洗い・整えて・補充するという衝撃のヘアケア法があると知りびっくり。

今回ご紹介するコスメテックスローランド株式会社(東京都港区)『ヘアザプロテイン』は、ハイダメージで悩む女性のために誕生した「髪のためのプロテイン」としてタフでしなやかな髪を作り上げるヘアケアブランド。

ハイダメージの髪は、あるべきはずのキューティクルが開く、または剥がれているので内側にあるタンパク質が失われて「空洞化」してしまうんだそう。『ヘアザプロテイン』は、その空洞を髪と同じ構造のプロテイン(タンパク質)を補給し髪を強化する、すなわち洗うたびにパワーを注入するという新発想のヘアケアなのだ。

 

身体を鍛えるためのプロテインといえば「適度な運動×タンパク質補充」というちょっと気合が必要なイメージがあるが、髪の場合は毎日の入浴でいつも通り髪を洗って整えるだけ。「美髪トレーニングに苦労はなし!」ということで 忙しい毎日でも続けられそうだ。

『ヘアザプロテイン』は人気店サロントップヘアスタイリスト推奨!

今回ためしてみるラインナップは、『ヘアザプロテイン モイストシャンプー』(460ml・希望小売価格 税抜1,400円・発売中)『ヘアザプロテイン モイストヘアトリートメント』(460ml・希望小売価格 税抜1,400円・発売中)『ヘアザプロテイン モイストマスク』(180g・希望小売価格 税抜1,400円・発売中)の全3種類! いずれも日々のケアによって、ハイダメージ(裂毛・切毛・枝毛)に強い髪へと導いてくれるプロテインヘアケアアイテム。

『ヘアザプロテイン』の開発には、人気サロンのトップスタイリスト4名が協力! 座談会を開催し、プロの意見を取り入れたサロン仕様のヘアケアを実現しているという。

ダメージ補修の要となるプロテインには、自然由来の髪にやさしい成分を厳選。アーモンドプロテイン、ソイプロテイン、ローヤルゼリープロテイン、ハチミツプロテイン、ホエイプロテイン・ライスプロテインという保湿力の高い&吸収力の高いプロテインを採用。

さらに、これらのプロテインの働きをサポートする15種のアミノ酸、 髪質を向上させるケラチンやシルク、ダメージを補修するパンテノール、パーマー・カラーのスタイル維持に効果的とされるヘマチンも配合している。

 

美容師にとって「髪=タンパク質」は周知のことだそうで、油分でコーティングしてごまかすのではなく、内側にタンパク質が豊富なプロテインを補充する発想は監修したトップスタイリスト達も納得の理論なんだとか。

そんな美容師お墨付きのアイテムともあれば「パサついて手櫛がひっかかるこの髪が、ハリのあるなめらかな手触りになるかも…」と期待が高まる!

ハイダメージはどうなる? 『ヘアザプロテイン』で美髪トレに挑戦してみた!

『ヘアザプロテイン』は、毎日の入浴のときにいつも通りにシャンプー、トリートメント、モイストマスクの順に使用するだけ。二十年以上カラーリングを繰り返している記者の髪は、パサつきがちでまとまりがなく、毛先はどれほどトリートメントをしても指やブラシがひっかかってしまうくらいダメージが蓄積しているが、果たしてプロテインで何とかなるのか…?早速ためしていこう!

まずは『ヘアザプロテイン モイストシャンプー』から試していく。こちらは泡立ちに優れたノンシリコン処方だそう。パッケージはコロンとかわいいボディで、シンプルなデザインでおしゃれさを感じる。

雨上がりの花畑のようなみずみずさをイメージしたというアクアブロッサムの香り。とても控えめで癒される香りだと思った。

シャワーでよく濡らした髪に、透明のシャンプーをつけて泡立てる。シャンプーは泡立ちがよく、もちもちっとしたきめ細かい泡のため、ダメージヘアをもこもこの泡で包み込むような洗い方ができる。

ハイダメージだとお湯で濡らした時点でギシギシすることもあるが、泡で包み込んでいる間に髪がなめらかになった点が印象的。あっという間に指通りがよくなり、洗い流すとさっぱりしつつも潤を感じ、髪はサラサラになった!しなやかな強さが与えられたようだった。

 

続いては『ヘアザプロテイン モイストヘアトリートメント』を髪につけていく。こちらも派手な強い香りではなく、上品で心地いい気分になれる香りだ。

トリートメントはかなりこっくりとしたテクスチャーだが伸びがよく、傷んだ髪にするするとなじんでいく。

洗い流すと、パサついた毛先を中心にうるおいが入ったような印象だ。毎日使っていくほどダメージが補修されていくのだろうと期待がもてる。

1日目はどちらかというと汚れが落ちたさっぱり感の方が目立っていたが、3日目には髪にハリが出たような感覚があったし、洗い上がりの髪がまとまりあるようにも思えた。

 

最後は『ヘアザプロテイン モイストマスク』。こちらはスペシャルケアアイテム。使い方はトリートメントと同じように髪になじませ、数分後に洗い流すだけ。少し時間を置いてじっくり成分を行き渡らせることがポイントだ。

マスクは、より髪にタンパク質を補充してコーティングする役割を持ち、シャンプー、トリートメントで与えた栄養をしっかり閉じ込めてくれる仕上げアイテム。仕上がりはつるんとした印象でまさに整った感じがした。

何日か継続して使用してみたところ髪が回復したかのように潤いとまとまりを感じ、「あぁ、自分の髪は空洞化していたんだ」と改めてダメージがひどかったこと認識できるほどだった。

『ヘアザプロテイン』で内側から美髪に!

ダメージのレベルや相性には個人差があるとは思うが、慢性的な乾燥でパサついていて、切れ毛や枝気に悩んでいた記者の髪では徐々に効果が感じられた。「鍛える」そんな印象のプロテインは、髪と同じ成分タンパク質なのだから、プロテイン補給の発想はやはり理にかなっているということだ。ハイダメージが気になる方は、髪を鍛える美髪チャレンジにぜひ挑戦してみてほしい。

『ヘアザプロテイン』はシャンプー・トリートメント・マスクの各種1,400円(税込)、全国のコスメ&ヘアケアアイテムショップや公式オンラインショップなどで販売中。