ミニドラマ「きょうの猫村さん」の一場面(C)テレビ東京

 猫の家政婦が主人公の人気マンガを、俳優の松重豊さん主演で実写化したミニドラマ「きょうの猫村さん」(テレビ東京、水曜深夜0時52分)が、4月8日深夜にスタートする。松重さんが初めての猫役で、主人公・猫村ねこを演じ、俳優の濱田岳さんが猫村さんの“最愛の恩人”であるぼっちゃんを演じるほか、石田ひかりさん、市川実日子さん、松尾スズキさん、小雪さん、池田エライザさん、水間ロンさん、染谷将太さん、安藤サクラさん、荒川良々さんら豪華キャストが集結する。

 「きょうの猫村さん」は、ほしよりこさんがウェブで連載をスタート。2005年に書籍化され、累計発行部数は330万部を突破している。昔、自分を可愛がってくれたぼっちゃんを捜すべく、家政婦として働くことを決意した猫村さんの日常を描く。

 実写化発表、松重さん演じる猫村さんのビジュアル解禁で、大きな話題を呼んだ同作。高身長、ちょっとコワモテな松重さんが、猫村さんをどう演じるのか、そのギャップに注目したい。また、主題歌は、音楽家の坂本龍一さんの書き下ろしで、松重さんが歌唱する。

 毎話2分半のミニドラマで、全24話。地上波放送終了後、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信される。