BMW M2初!│すでに完売の60台限定 クラブスポーツモデルが登場

BMW M2初のクラブスポーツモデル「新型BMW M2 CS」が発表された。サーキット志向の高性能コンパクトスポーツモデルであるBMW M2 コンペティションをベースに、より軽量化しサーキットでのさらなる高いパフォーマンスを発揮するための装備を搭載。モデルであり、日本全国60台限定で導入される。

新型BMW M2 CSは、BMW M2 コンペティションより最大出力を40ps向上させ、最高出力450ps(331kW)/6,250rpm、最大トルク550Nm/2,350rpm-5,500rpmを発揮する3.0リッター 直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、より高い走行性能を実現するモデルである。ダンパーおよびスタビライザーの特性をサーキット走行に適応させたアダプティブMサスペンションや、電子制御式多板クラッチにより走行状態に応じてパワーを左右リヤ・ホイール間で最適配分するアクティブMディファレンシャルを標準装備とすることで、サーキットでのアグレッシブな走行時であっても、エンジンの性能を最大限路面へ伝達しながら、高い操縦安定性を発揮するのだ。



より軽量化し走行性能を高めるため、ルーフ、フロント・スプリッター、リアスポイラー、リアディフューザーに加え、ボンネットに、カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)を採用している。ルーフには、CFRPを使用したサンドイッチ構造を取り入れることで、室内への遮音性およびボディの剛性を高めている。CFRP製ボンネットの中央には、大きな空気の流入口であるエアベントを採用し、高性能モデルに相応しい存在感あるデザインを実現すると共に、ボディ周辺や下部の効率的な空気の流れを生み出すことで、エンジンの冷却や、前輪にかかるダウンフォースを高め、空気抵抗を最適化することに貢献しているのだ。



室内には、アルカンタラのMスポーツ・ステアリング・ホイールや、カーボン・ドア・ハンドル、カーボン・センターコンソールを装備し、シートには「M2」の照明付きエンブレムが装備されたM コンペティションスポーツシートを採用していることも魅力のひとつである。

なお、導入の60台はすでに完売しているとのことで、人気がうかがえる。


BMW M2 CS MT  1260万円(税込)
BMW M2 CS DCT  1285万円(税込)