ビリー・アイリッシュやポール・マッカートニーも出演、オールスターチャリティ企画「One World」配信決定

レディー・ガガがGlobal Citizen主催のCOVID-19連帯対応基金のためにオールスターイベントをキュレーション。ビリー・アイリッシュ、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョンなどが出演する特別チャリティ企画「One World: Together at Home」が放送・配信される。

ビリー・アイリッシュ、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョンなどが出演する「One World: Together at Home」は、Global Citizenと世界保健機関によってオーガナイズされたもの。4月18日午後8時(アメリカ東部標準時、日本時間4月19日午前10時)にテレビ/ライブストリーミングで放映される。

この企画はレディー・ガガがキュレーションを担当し、深夜の大物ことジミー・ファロン、ジミー・キンメル、スティーヴン・コルベアに加えてセサミ・ストリートのキャストも司会を務め、各界からスターが集結。コロナウイルス発生から業務に取り組むヘルスケアワーカーを祝福することを目的とし、イベントを通じて医師、看護師、彼らの家族の声が届けられる。集められた寄付金はCOVID-19連帯対応基金のほか、食料、避難所、医療を必要とする人々を支援する各地域の慈善団体に寄付される。

同イベントには上述した面々のほか、スティーヴィー・ワンダー、エディ・ヴェイダー、クリス・マーティン、ジョン・レジェンド、J・バルヴィン、ケイシー・マスグレイヴス、イドリス&サブリナ・エルバ、リゾ、キース・アーバン、ビリー・ジョー・アームストロング、アラニス・モリセット、ケリー・ワシントン、マルーマ、デヴィッド・ベッカム、バーナ・ボーイといったミュージシャン/セレブリティの参加が決定している。

Were excited to announce One World: #TogetherAtHome, a global broadcast on April 18, curated in collaboration with @LadyGaga and featuring your favorite artists and comedians — all in support of the @WHO and healthcare workers on the frontlines of the COVID-19 crisis. (1/7) pic.twitter.com/ZspKXtmd2V — Global Citizen (@GlblCtzn) April 6, 2020
Global Citizenの共同設立者/CEOのヒュー・エヴァンス氏は声明のなかで次のように述べている。「私たちは地域のヘルスワーカーたちの英雄的な努力に敬意を表し、彼らのことをサポートすべく『One World: Together at Home』を企画しました。このイベントは、コロナウイルスの諸問題を終結させるためのグローバルな戦いにおいて、団結と激励の源となることを目指しています。この世界的なライブキャストは、音楽とエンターテインメントのインパクトを通じて、誰かの健康を守るために自分自身の健康を危険にさらす人々を称えます」

「One World」は、Global Citizenがここ数週間オンラインで展開している「Together at Home」シリーズのスピンオフ企画。このキャンペーンではジョン・レジェンド、クリス・マーティン、ナイル・ホーラン、チャーリー・プース、コモンといったアーティストによるアットホームなコンサートを通じて、救援活動への支援を募っている。Global Citizenはこれまでに、WHOのコロナウイルス対策のため3000万ドル以上の寄付を集めている。

「One World: Together at Home」は、ABC、NBC、ViacomCBS Networks、iHeart Media、Bell Mediaで放送予定。Amazon Prime Video、Apple、Facebook、Instagram、TIDAL、Twitch、Twitter、YouTubeを含む様々なデジタルプラットフォームでライブストリーミングされる。

・写真10点 | ビリー・アイリッシュのワールドツアースタート 初日撮りおろし