松隈ケンタ率いるBuzz72+、13年ぶり新作より「フライングヒューマノイド」MV公開

松隈ケンタ率いるロックバンドBuzz72+が、4月8日リリースのミニアルバム『13』より「フライングヒューマノイド」のMVを公開した。

BiSHなどのサウンドプロデューサーを務める松隈ケンタ。彼が率いるBuzz72+は九州を中心に圧倒的支持を受け2005年にavex traxよりメジャーデビュー、2007年に音楽性の違いにより井上マサハル(Vo)が脱退。そのまま解散状態になっていたが、今年13年ぶりに再結成を果たした。今回MVが公開された楽曲「フライングヒューマノイド」は、松隈ケンタが中川翔子に提供した楽曲のセルフカバーとなっており、アニメ『世紀末オカルト学院』の主題歌となっている。




<リリース情報>



Buzz72+
ミニアルバム『13』

発売日:2020年4月8日(水)
価格:2200円

=収録曲=
1.Beret city
2.光の射す方へ
3.奇跡の歌
4.フライングヒューマノイド
5.屋上の空
6.太陽賛歌