志濃涼子初めての愛機「ミスター」|「漫画オーバーレブ!」を支えた名車達1 AW11 トヨタ MR2 Gリミテッド Vol.1

オーバーレブ! の主人公である涼子(志濃涼子)。

高校時代に陸上部に所属していたが、アキレス腱断裂によってインターハイ出場の夢が断たれて落ち込んでいた。

そんなときサワコ(森田佐和子)と出会い、クルマに興味を持つように。

そして運転免許を取得する前に、解体屋でスクラップ同然のAW11(愛称ミスター)を手に入れた。

涼子とともに成長したMR2|「漫画オーバーレブ!」を支えた名車達1 AW11 トヨタ MR2 Gリミテッド Vol.2

 AW11は主人公の愛車だけに、連載開始から終了まで登場している。

なかでも記憶に残るのが、涼子がまだ経験不足だった頃に参加したチューニングショップ・アクロバット協賛のドリフトコンテストだ。

ドリフトに不向きのAW11で出場した涼子は、フリー走行こそスピンを喫してしまうが、持ち前のセンスと諦めない気持ちで予選を突破。

そして決勝では、起死回生のハイスピード慣性ドリフトを成功させて、ギャラリーを熱狂させた。


 
 涼子の成長は著しい。

ところが烏山峠では、パワーの差を見せつけられて青木カンナが操るR32スカイラインに敗北し、涼子はスランプに陥ってしまう。

しかしAW11が好きなこと、「負けは次に勝つ時の喜びを何倍にもしてくれる」ことを思い出し、カンナのE32のリベンジに成功。

涼子はまたひとつ上のステージへ駆け上がったのだ。




助手席側ダッシュボードが大きく傾斜した特徴的なインパネ。

取材車両のステアリングは、涼子のミスターと同じナルディ・クラシックに交換済み。




フロントトランクルームには、スペアタイヤやジャッキ、工具などを収納。スーパーチャージャー仕様はパフォーマンスロッドも装備。




リアトランクルームは、マスターキー以外では開けられない「キャンセル機構付きリヤラゲージロック」を採用。この個体はオプションのラゲッジマットも装備する。




取材したAW11としては珍しいほどオリジナルに近い状態だった。

関連記事:涼子とともに成長したMR2|「漫画オーバーレブ!」を支えた名車達1 AW11 トヨタ MR2 Gリミテッド Vol.2

ハチマルヒーロー 2019年 11月号 vol.56(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)