自営業の夫と3人の子どもを持つ38歳のパート勤務女性。夫の収入が安定していないうえに貯蓄が少なく、これからの教育費と老後資金が心配とのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

◆国民年金は免除申請中。子ども3人かかえて今後が心配
皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、自営業の夫と3人の子どもを持つ38歳のパート勤務女性。

夫の収入が安定していないうえに貯蓄が少なく、これからの教育費と老後資金が心配とのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

◇相談者
白い風船さん(仮名)
女性/パート/38歳
岡山県/借家

◇家族構成
夫(自営業・41歳)、子ども3人(12歳、2歳、0歳)、ペット

◇相談内容
これからかかってくる3人の子どもの教育費と同時に、老後資金も作らなくてはならず、悩んでいます。

夫は自営業で、お給料の金額がバラバラです。その中から国保と年金を払うので、少ない時はギリギリか赤字です。年金は2年分くらい払えなかったので、未納になるよりはと免除申請して、少しずつ払っています。

払い終えた時に国民年金だけでは将来不安なので、国民年金基金など、何らかの年金保険加入を考えています。先にそちらの支払いを優先させるべきでしょうか。

子どもが小さく、体調を崩して休みが多い月があり、私の給料も安定していません。もう少し大きくなったら、派遣でもいいので、厚生年金に入れる仕事を探したいです。

夫の事業費として月10万~15万円を渡しています。ペットがいるので、夏冬は電気代がかかったり、全体的に出費が多いのが気になっていますが、なかなか削れずに毎月悩んでいます。一番は将来の見通しが立たず焦っています。

◇家計収支データ
白い風船さんの家計収支データは図表のとおりです。
相談者「白い風船」さんの家計収支データ

◇家計収支データ補足
(1)雑費21万円は月により、若干差がある。以下のような支出内容。
日用品(オムツ、消耗品):1万5000円
ペット費:1万円
夫(事業費、小遣い一緒):15万円
妻:5000円
固定電話:1500円
ペット保険:3300円
カード返済(来月最後):5000円
小学校集金:5000円
保育料:5000円
子ども達の積立:3000円×3人分=9000円

この他に、国民年金2人分約3万円(免除中)が加算されます。

(2)通信費2万7800円の内訳
夫:7000円
妻:1万円(端末代金5000円、使用料5000円)
タブレット:5000円
キッズケータイ:800円
インターネット:5000円

来月からはタブレットの端末料金の分割も始まる予定なので、プラス5000円に。自分の携帯の分割支払いが終了したら、格安スマホに変更を検討している。以前は倍に近い金額を支払っていて、見直してもらい、やっと半額程度にまで減った。

(3)加入保険について
加入している保険は、子どもたちの共済のみ。1人1000円×3人分。相談者は過去の病歴で来年からでないと加入できないので、加入できるようになったら、同じ共済に入ろうと思っている。

(4)児童手当の使いみちについて
使いみちはその時によりますが、自動車税や税金の支払い、赤字補てん。余裕があれば、貯金に回している。

(5)実家からの援助について
相談者の親は近くにおらず、年金生活のため、頼ることはできない。夫の親は高齢で同じく年金生活なので頼ることは考えていない。

本当に金銭面でどうしようもなくなったら助けてくれるとは思いますが、あまりあてにしないようにしている。子どもたちのことは可愛がってくれて、お願いすれば面倒をみてくれるが、体力的な不安もあり、預けることはあまり考えていません。

◇FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1:児童手当は使っちゃダメ! 全額貯蓄に回す
アドバイス2:健康が心配なので早めに共済に加入
アドバイス3:まずは100万~150万円のお金を貯めること

◆アドバイス1:児童手当は使っちゃダメ! 全額貯蓄に回す

家計の状況を拝見すると児童手当を税金の支払いや赤字の補填に充てているなど、かなり厳しい家計状況といわざるを得ません。

今は下のお子さんがまだ小さいとのことで、白い風船さんがフルで働くことができないでしょうから、とりあえずしっかり働けるようになるまでは我慢の時期と考えて、最低限、児童手当分だけは貯蓄に回せるように家計を見直さないといけないですね。

児童手当分月額4万円を貯蓄目標額にしてきちんと貯めること。それができれば年間48万円貯蓄ができます。これがしっかり守れれば、2年ちょっとで100万円貯まります。

こうして一日でも早く100万~150万円の貯蓄をつくることが、白い風船さんのご家庭の家計を立て直す大前提となります。

まずしっかり認識しておかないといけないのが、実質的な収入です。ご主人の収入はある程度あるようですが、自営のため経費が結構かかっていて実質的な手取りは15万~35万円ぐらいしかありません。

それに妻の収入を足して20万~40万円が白い風船さんの家計の実質収入です。

この中から家賃と食費を出した残りで生活できないと、児童手当を貯蓄に回せません。これはかなり厳しいと思います。今すぐに手を付けられるのは通信費と家族の小遣いですね。そのほか無駄を省けることは省いていかないと貯蓄はできません。

それと同時に、収入面も改善できるなら考えたいところです。ご主人は自営以外の働き方で、もっと手取りが残る方法は選択できないか考えてみてはいかがでしょうか。

今のままでは収入が高くても経費が多いので、実質的な手取りが少なくなってしまっています。手取りが多く確保できる働き方ができるようなら、検討することも必要ではないかと思います。

◆アドバイス2:健康が心配なので早めに共済に加入
それからご夫婦ともに保険に入っていないようですが、貯蓄が少ないからこそ保険に入ることが大切です。今の状況で、もしご夫婦のどちらかが倒れてしまったら家計が破綻してしまうリスクがあります。

ご主人は死亡保障と医療保障、白い風船さんは医療保障が必要です。とはいえ今の状況ではきちんとした保険に加入するのは家計的に厳しいので、当面は県民共済やこくみん共済などの共済に加入して、2人とも健康に留意して暮らすことです。

老後の心配をしているようですが、国民年金基金やその他の老後準備を考える前に、まずは国民年金をきちんと払えるようにすることです。それを払ったうえでその先を考えてみましょう。

それに、順番からしたらご夫婦の老後より子どもたちの教育費の準備が先になります。公立に行かせるにしても、子ども1人あたり300万円として900万円は用意しておきたいものです。

その準備もこれから急いでやらないと間に合わなくなりますので、早めにとりかかりましょう。

もう一つ気がかりなのが借金。カード返済が払い終える予定とのことですが、一度借金をしたことのある人は、2回目も抵抗なく借りてしまうのが怖いところです。

今後は安易に借金せず入ってくる収入の中で生活できるようにやりくりすることを考えてください。車も保有しているようですが、ローンで車を買い替えたりしないことです。

◆アドバイス3:まずは100万~150万円のお金を貯めること
このようにとても厳しい状況ですが、下の子が保育園か幼稚園に入るまでは我慢の時期で、厳しい家計の中から児童手当分をしっかり貯金できるように家計を見直してください。

そしてまずは100万~150万円のお金を貯めて、白い風船さんがきちんと収入を確保できるようになるまでが第一ステップです。次のステップに進むのはそこがきちんとできるようになってからでないと、先を急いでも空回りするだけで改善できません。

一歩ずつ確実にできるようになってから次に進まないと、途中で挫折してしまいいつまでたっても負のスパイラルから抜け出せません。

まずは今アドバイスしたことをきちんと守って貯蓄を貯めたら、次のステップに進むアドバイスをしますので、またマネープランクリニックに相談申し込んでください。お待ちしています。

◆相談者「白い風船」さんより寄せられた感想
主人の年齢を考えて、老後のことばかり心配していましたが、まず教育資金の確保にシフトしていこうと思いました。また老後の心配は、国民年金の支払いありきで考えていきます。

あとは、毎月の支出を見直し、児童手当はないものと考え、頼らずに生活できるように、支出の無駄を見極めていきたいです。

児童手当を貯める、国民年金の支払い、まずは100万円貯めること、赤字を出さないこと、一歩ずつ確実に頑張ります。また宜しくお願い致します。ありがとうございました。

教えてくれたのは……深野 康彦さん

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

取材・文:堀内玲子

文=あるじゃん 編集部