社会的不安を感じやすいのは自閉症の人々 不安を和らげるFACE COVID

音楽学校教師で産業カウンセラーの手島将彦が、世界の音楽業界を中心にメンタルヘルスや世の中への捉え方を一考する連載「世界の方が狂っている 〜アーティストを通して考える社会とメンタルヘルス〜」。第17回は4月2日の世界自閉症啓発デーに際して、自閉症について産業カウンセラーの視点から考察する。

毎年4月2日は国連の定めた世界自閉症啓発デーです。4月2日から8日を発達障害啓発週間として、例年は様々なシンポジウムやイベントが行われていますが、今年はCOVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大の影響で、中止されているようです。この連載でも以前「自閉スペクトラム症」「ADHD」「LD(学習障害)」をテーマに取り上げましたので、より詳しく知りたい方はぜひご一読いただきたいのですが、世界自閉症啓発デーの日本実行委員会の公式サイトの「自閉症を知っていますか?〜誤解されやすい自閉症〜」から「知ってもらいたいこと」を引用します。

自閉症は、「常に自分の殻に閉じこもっている状態」と考えられたり、「親の育て方が冷たかったということが原因ではないか」と思われることがありますが、これは正しくありません。脳の発達の仕方の違いから「他の人の気持ちや感情を理解すること」「言葉を適切に使うこと」「新しいことを学習すること」などが苦手であり、一般的な「常識」と思われることを身につけることも苦手です。このため、真面目に取り組んでいても、誤解されることがあります。なお、自閉症の人たちは、とても「純粋」で、自分の感じたままに話したり、行動したりすることがあり、感覚が過敏であったり記憶が抜群な人もいます。

このような、自閉症の人たちの行動や態度の意味を理解していただき、愛情をもって支援していただくことを願っています。自閉症の人たちは、周囲の愛情と支援によって大きく育つことができるのです。

誰もが、現在のような不安定な状況はストレスになります。特に発達障害の特性を持った人は影響を受けやすい面があります。ノースカロライナ大学のフランクポーターグラハム児童発達機関の自閉症チームは、「不確実な時に自閉症の人たちを支援するということ」と題して、ウイルス拡大に不安な思いで生活している自閉症スペクトラム障害(ASD)の人たちとその支援者に向けた具体的な方法を7つにまとめて発信していて、それを川崎医療福祉大学が翻訳しています。この内容は、ASDの人や支援者のみならず、長期にわたって不安定な環境に置かれている子どもたち、そして大人たちにも有用な内容だと思いますのでご紹介します。

・不確実な時に自閉症の人を支援する7つの戦略

1. 理解についてサポートする
2. 表現の機会を提供する
3. 対処と落ち着くためのスキルを優先する
4. ルーティンを維持する
5. 新しいルーティンを構築する
6. 繋がりを育む(離れたところから)
7. 行動の変化に注意する

ここでは主に2と3について、もう少し翻訳を参照しながら説明してみます。2の「表現の機会を提供する」についてですが、子どもたちや若者たちは、多くの予期せぬ変化について、どのように感じているかについて明確に説明することが難しい場合があります。そのために、ストレスがかんしゃく、家族活動への参加拒否、ひきこもりなどを通して表現されることがあります。そこで、家族との話し合い、書く活動、遊びなどを通して、出来る限り彼らの感情について、家族に表現する複数の機会を準備することが大切です。感情は、音楽を聴くことや演奏すること、ダンス、ヨガ、さまざまな視覚的芸術の形式のような代替表現方法を通して伝えられてくるかもしれません。さらに、かんしゃくや反抗的な態度は、不安や恐れの表れかもしれないと認識してみます。そして、その対処として3の「対処と落ち着くためのスキルを優先する」があります。「FACE COVID(ウイルスと向き合う)」の頭文字でその方法がまとめられています。

「F」
Focus on what you can control
制御できる内容に焦点を当てる
「今ここで自分がやっていることをコントロールできる」と自分に言い聞かせる。

「A」
Acknowledge your thoughts and feelings
自分の考えや気持ちを認める
静かに、優しく、どんな考えや感情も認める

「C」
Come back into your body
いつもの身体の状態に戻る 腕や首をゆっくり伸ばしたり、肩をすくめたりする。 ゆっくり、深く深呼吸する

「E」
Engage in what you are doing
自分のやることに取り組む

あなたが見ることができる 5 つのこと、あなたが聞くことができる 3 つのこと、あなたが嗅ぐことができる 1 つ のこと、そしてあなたがやっていることに注意を向ける

そして、上記の内容を2~3回繰り返す

「C」
Commit to action
行動を明示する 今週は自分自身または他者を助けるために何ができますか?スケジュールに書き留める。

「O」
Open up
心を開く
自分の気持ちが正常で、その気持ちを感じても大丈夫であることを認める。

「V」
Values
価値感
あなたはどのように自分自身をとらえたいですか? 愛、ユーモア、優しさ、正直さなど。

「I」
Identify resources
リソースを識別する
「誰に」、「どこで」助けてもらうか、補助してもらうか、支援を受けるかを決めておく

「D」
Disinfect and distance
Wash your hands and practice social distancing
消毒と距離。手洗いと社会的な距離の練習を行う

この連載では毎回誰かしらアーティストを紹介していますが、今回はThird Eyes Blindのステファン・ジェンキンスを取り上げます。彼の父は名門スタンフォード大学で政治学を教える教授でしたが、彼自身は教科書を読むことが困難な学習障害(LD)とADHDでした。彼等の曲「Jumper」は今にも飛び降り自殺をしようとする「君」を思いとどまらせる内容ですが、その「君」は「すぐカッとする」「まるで閃光(のように衝動的)」とADHDの特徴が現れています。彼は授業についていけずに落第してしまい、教師には「高校卒業は無理で、感化院にいくしかない」と言われてしまいます。しかし、彼を信じた父の学習支援もあって、高校を卒業し、名門のバークレー大学に進学し、かつての教師に「先生はなんと言ったか憶えていないんですか?」とやり返しました。彼は「自分で自分にできることを探すようになりました。自分で王国や城をつくるんです。僕は他の人の城に参加する人ではなかったのです。僕は環境を調停する人になろうとし、社会にうまく順応できない人に引かれるんです」と語っています。先述の「FACE COVID」とも通じることだと思います。



【参照】
不確実な時に自閉症の人たちを支援するということ
川崎医療福祉大学
https://w.kawasaki-m.ac.jp/data/6278/topicsDtl/?fbclid=IwAR3sPd-Gbc8v3Y5bLLzzdN60oF6vgI3bX9FVXS-CDBlE8WCapiwFqAX7GmA

『本当はこんな歌』町山智宏アスキー・メディアワークス
He can see clearly now / Third Eye Blinds Stephan Jenkins looks at success, love, creativity
SFGATE April 20, 2003
https://www.sfgate.com/entertainment/article/He-can-see-clearly-now-Third-Eye-Blind-s-2653924.php


<書籍情報>


手島将彦
『なぜアーティストは壊れやすいのか? 音楽業界から学ぶカウンセリング入門』

発売元:SW
発売日:2019年9月20日(金)
224ページ ソフトカバー並製
本体定価:1500円(税抜)
https://www.amazon.co.jp/dp/4909877029

本田秀夫(精神科医)コメント
個性的であることが評価される一方で、産業として成立することも求められるアーティストたち。すぐれた作品を出す一方で、私生活ではさまざまな苦悩を経験する人も多い。この本は、個性を生かしながら生活上の問題の解決をはかるためのカウンセリングについて書かれている。アーティスト/音楽学校教師/産業カウンセラーの顔をもつ手島将彦氏による、説得力のある論考である。

手島将彦
ミュージシャンとしてデビュー後、音楽系専門学校で新人開発を担当。2000年代には年間100本以上のライブを観て、自らマンスリー・ライヴ・イベントを主催し、数々のアーティストを育成・輩出する。また、2016年には『なぜアーティストは生きづらいのか~個性的すぎる才能の活かし方』(リットーミュージック)を精神科医の本田秀夫氏と共著で出版。Amazonの音楽一般分野で1位を獲得するなど、大きな反響を得る。保育士資格保持者であり、産業カウンセラーでもある。

Official HP
https://teshimamasahiko.com/