キービジュアル

バーチャルYouTuber(VTuber)が出演するドラマ『四月一日さん家の』(読み:わたぬきさんちの)の2期『四月一日さん家と』が、テレビ東京にて4月5日(日)25時35分から放送。第2期には、“謎の女子高生役”物述有栖が四月一日三姉妹の新たなファミリーに加わる。

本作は、昨年放送されたバーチャルYouTuberドラマ『四月一日さん家の』の新シーズン。VTuberを起用した連続ドラマは新しい試みとして話題となり、スピンオフを描いたボイスドラマや、全国9劇場で行われたライブイベント『四月一日さん家のON STAGE!』など、放送終了後も作品世界を広げ続けてきた。

出演者は、前作から引き続き、ときのそら、猿楽町双葉、響木アオに加えて、新レギュラーメンバーとして「にじさんじ」から物述有栖が決定。ボイスドラマから参加している天神子兎音、夏色まつり(ホロライブ)、大空スバル(ホロライブ)、朝ノ瑠璃(朝ノ姉妹ぷろじぇくと)もゲストとして各回に異なるメンバーが登場する。

新しい四月一日ファミリーを迎え、舞台には新たなセット「カラオケバー」を用意。V界のオールスターメンバーも参加しさらにパワーアップして、四月一日家に起こるバラエティ豊かな日常を描いていく。

■長女:四月一日一花(わたぬきいちか)25歳/ときのそら
少しだけ売れてきた声優。 本人はしっかり者のつもりだが、真面目系の天然で妹思い。幼少期、母親が亡くなったときにアニメに救われたため、アニメ好きになり、声優を目指すように。「恋愛より仕事」と常に言っているが、本当は男性に対してどう接して良いかわからない。とても優しい母親的存在。

■次女:四月一日二葉(わたぬきふたば)23歳/猿楽町双葉(さるがくちょう ふたば)
結婚し四月一日家を出ていったが、同じ街に住む幼稚園からの幼馴染、かなこが営むカラオケバー「まさこ」で雇われママをやることに。三姉妹のいとこや酒屋の看板娘、演劇少女など個性の強すぎるバイトとお店を切り盛りする。3姉妹の中では最も理性的でデキるタイプ。

■三女:四月一日三樹(わたぬきみつき)20歳/響木(ひびき)アオ
理工学部に通う現役女子大生。姉妹の中で、一番冷静で責任感が強いしっかり者。IT 系会社の起業を目指していたが、お笑いの道も捨てきれずにいる。 頭が良く数字に強いが、会話の最中に考えすぎて主旨から逸脱してしまうことも。幼いときに母を亡くしたため、普段は出さないが母親の愛情に飢えている。

■謎の女子高生:白鳥生子(しらとりいくこ)17歳/物述有栖(もののべありす)
突如現れた謎の女子高生ニューカマー。おしとやかなお嬢様に見えて、実はかなりの天然。ひょんなことから四月一日家に住むことになり、3姉妹とともにドタバタな日常を繰り広げることに。実は普段の振る舞いからは想像できない、複雑な家庭環境を持っている。北欧メタルが大好きで室内着はいつもメタルT。斬新すぎるセンスで三樹を翻弄することも。

<第1話「四月一日さん家と出戻り」あらすじ>
二葉(猿楽町)が結婚をして家を出て、一花(ときの)と三樹(響木)の2人暮らしが始まる……はずだったのだが、二葉は毎日のように四月一日家に帰ってきてしまう。今日も、夫のケンジと喧嘩したようで、愚痴が止まらない。そこに謎の訪問者・生子(物述)が現れて……。