スキーゴーグルおすすめ10選|ダブルレンズ・球面・紫外線カット商品も!

【この記事のエキスパート】

プロスノーボードコーチ:出口 超

プロスノーボードコーチ:出口 超

京都府舞鶴市生まれ。日本体育大学卒。SIA(日本プロスキー教師協会)教育部技術委員スノーボードデモコーチ。力学に基づいたスノーボード理論を2006年に構築。

著書に「もっとカッコ良く滑るスノーボード」(メイツ出版)、「はじめてでも絶対うまくなるスノーボード」(主婦の友社)、自費出版によるe-book「もっと優雅にカッコ良く滑るスノーボード」(Kindle)などがある。

人の骨格やバランスに応じたレッスン・バインディングのセッティング診断に定評あり。スノーシーズンは主に、神立高原スキー場(新潟県)で自身のレッスンプログラム「超塾」を開催。夏場は地元舞鶴市にてスクーバダイビングとSUPのガイドをしている。


ゲレンデでは雪で日光が跳ね返るため、スキーゴーグルが欠かせません。スキーゴーグルには曇り止め効果や、眼鏡対応などさまざまな機能が搭載されており、レンズのデザインもたくさんあって選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで、プロスノーボードコーチ・出口 超さんと編集部が選んだスキーゴーグルの選び方とおすすめ商品10選をご紹介します。

ダブルレンズ・可視光線透過率・UVカット・偏光レンズなど
スキーゴーグルの機能とは?

ゲレンデで雪に跳ね返った日光や紫外線を避けるためにつけるスキーゴーグル。吹雪や豪風から目を守ることで視界が塞がれるのを防いでくれるスキーの必須アイテムです。また、衝突や転倒などの事故の際に目を守ってくれる効果もあります。

スキーゴーグルの選び方のポイント

スキーゴーグルを選ぶポイントを3つご紹介します。ポイントを意識して、自分に合った商品を探してみましょう。

曇りに強いダブルレンズ

出典:Amazon

スキーやスノボで滑走中にレンズが曇ると、視界不良による事故につながります。ダブルレンズは2枚のレンズの隙間にある空気によって、ゴーグル内外の温度差を小さくすることで曇りにくくしてくるすぐれもの。

スキーゴーグルを選ぶ際は、ダブルレンズのような曇り止め機能がついたものがおすすめです。

可視光線透過率とレンズカラーの特徴

出典:楽天市場

可視光線透過率とは、レンズが通すことができる光の数値を表します。裸眼の視界が可視光線透過率100%の状態ですから、よく晴れた日の場合、眩しさを軽減するためには可視光線透過率の低いレンズが適しているということになります。夜間にスキーをする場合は、可視光線透過率が高いレンズが適しています。

また、可視光線透過率に応じてレンズカラーも「クリア系」「グレイ系」「ピンク系」「オレンジ系」「ブルー系」など色分けされているのが特徴です。ひとつのゴーグルでどんなシーンでも使うのであれば、可視光線透過率50%前後の商品が適しています。

UV(紫外線)カット&偏光レンズを選ぶ

出典:Amazon

雪面に反射する光が「偏光」です。偏光レンズは、スキー場で乱反射する偏光など余計な光をカットしてくれます。さらに、雪面の凹凸も見やすくしてくれる特長をもっています。

また、ゲレンデは紫外線が強いため、100%UV(紫外線)カットのゴーグルを選ぶとよいでしょう。

球面? 平面? 効果を知って適したレンズを選ぶ

出典:Amazon

スキーゴーグルには、おもに球面レンズと平面レンズの2種類があります。球面レンズはレンズが曲面になっており、顔との距離が遠いので曇りにくい仕様となっています。

平面レンズは視界の歪みが少なく、レンズ交換もしやすいのが特徴です。自身が欲しい機能に合わせて、適したレンズを選んでみてください。

眼鏡対応のスキーゴーグル

出典:楽天市場

プロスノーボードコーチによるアドバイス
機能やデザイン、アジアンフィットがあるかもチェックしてみよう

【エキスパートのコメント】

曇りにくさで選ぶなら、断然ダブルレンズです。各社独自の機能も要チェック。フレームのカラーや、使用する地域に合わせたレンズのカラーなど見た目のスタイルで好みのものを選ぶのもよいでしょう。

ほとんどのメーカーが海外製ですが、アジア人の顔にフィットするよう、アジアンフィットも数多く販売されています。アジアンフィットがあるかを基準に選ぶのもよいでしょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)