スキー・スノーボード用ワックスおすすめ10選|プロのスノボコーチに取材!

【この記事のエキスパート】

プロスノーボードコーチ:出口 超

プロスノーボードコーチ:出口 超

京都府舞鶴市生まれ。日本体育大学卒。SIA(日本プロスキー教師協会)教育部技術委員スノーボードデモコーチ。力学に基づいたスノーボード理論を2006年に構築。

著書に「もっとカッコ良く滑るスノーボード」(メイツ出版)、「はじめてでも絶対うまくなるスノーボード」(主婦の友社)、自費出版によるe-book「もっと優雅にカッコ良く滑るスノーボード」(Kindle)などがある。

人の骨格やバランスに応じたレッスン・バインディングのセッティング診断に定評あり。スノーシーズンは主に、神立高原スキー場(新潟県)で自身のレッスンプログラム「超塾」を開催。夏場は地元舞鶴市にてスクーバダイビングとSUPのガイドをしている。


プロのスノーボードコーチ・出口 超さんと編集部が選ぶ、おすすめのスキー・スノーボード用ワックス10選を紹介します! スキーやスノーボードの爽快さを存分に楽しむなら、充分なメンテナンスが欠かせません。なかでもとくに重要なのが板にかける「ワックス」。ホットワックスと簡易ワックスがありますが、どちらを選ぶべき? この記事では商品の選び方も解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。記事後半では各通販サイトの人気売れ筋ランキングも掲載しています。

プロのスノボコーチに聞いた!
スキー・スノーボード用ワックスの選び方

滑走する爽快感がたまらないスキーやスノーボードは、こまめなメンテナンスが不可欠です。なかでも「ワックス」の役割は大きいといえるでしょう。

ただしワックスの種類は多く、いろいろな説明書きはあるものの、結局どれを選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか? ここではどんな場合にどんなことに注意して選ぶといいのか、スキー・スノーボード用ワックス選びのポイントを解説します。

使う場所の雪質や雪温で選ぶ

スキーワックスの常識を覆す! <レスキュー無双60g>:

出典:Amazon

ワックスを選ぶときは、まず「よく使うか、どのように使うか」を考えます。スキースノボ板をよく使うならその回数に耐えられるようしっかり滑走面を守らなくてはなりませんし、レンタル板を使うときもできるだけ滑りやすいようかんたんにかけられるワックスが必要です。

具体的にチェックすべき項目は次の3つです。
1)対応する雪質:ドライ〜ウェット・パウダーなど
2)対応する雪温:雪の温度
3)使用方法:アイロンを使う、スポンジで塗って拭きとるなど

どんな雪なのか、どのように使うかをよく考え、それに合ったワックスを選びましょう。

ホットワックスと簡易ワックス

スキーワックスはおもに「簡易ワックス」と「ホットワックス」に分けられます。

簡易ワックスは塗るのがかんたんで滑る直前に仕上げられるものが一般的。一方でホットワックスはアイロンを使ってじっくりと手間をかけて塗布します。両者には効果にも大きな違いがあるため、事前におさえておきましょう。

レジャーにおすすめなのは「簡易ワックス」

DOMINATOR(ドミネーター)HYPER ZOOM PASTE 60ml スキー スノーボード メンテナンス ワックス HYPER ZOOM PASTE:

出典:Amazon

思い立ってスキーに行くような「レジャー」で楽しむなら、簡易ワックスがおすすめです。簡易ワックスはかんたんに塗布できますが効果はあまり長続きしません。そのため、スキー場でのレンタル板にさっと塗布することができ、短い間でも高い滑走性を得られます。

塗布の方法もさまざまで、簡易ワックスはエアーゾルタイプやスティックタイプといった、とにかく手軽に塗布できるものが多いので使用シーンで選んでもよいでしょう。

また、ワックス塗布前に滑走面をきれいにするクリーナーやブラシがセットになっているものもあります。ワックスの効果は同じですから、まずはこれでワックスの使い心地を感じてみるのもよいでしょう。

上級者向けの「ホットワックス」

TOKO(トコ) スキー&スノーボード ワックス 全雪質対応ワックス オールインワン 120g 5502005 純パラフィン 固形ワックス:

出典:Amazon

毎年何回もスキーを楽しむ上級者は、スキー板やスノーボードにもこだわりがありシーズン前からきちんとメンテナンスすることでしょう。そんな上級者には「ホットワックス」がおすすめです。

ホットワックスの塗布は一般に多くの手間や時間がかかります。ただ、それだけ得られる効果は高く長続きするので、スキー板やボードをきちんと維持・保管するためには欠かせません。

もともと雪質や雪温ごとに適したワックスを選ぶことが重要ですが、最近はどんな雪にも対応できるオールラウンドタイプを使うユーザーも増えています。

プロスノーボードコーチのアドバイス
使用頻度や滑るシーンに合わせて選びましょう

【エキスパートのコメント】

スキーやスノーボードを最適な状態で使うのに必要なワックス。使用頻度や滑る地域、滑走日数により簡易ワックスを選ぶのか、ホットワックスを選ぶのかを決めることが重要です。

簡易ワックスの場合は、携帯性や手軽さで選ぶのがひとつの基準。ホットワックスなら雪温にこだわるか、オールラウンドなどの汎用性で選ぶかです。それぞれのシーンに合わせて選びましょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)