赤井ファミリー登場の劇場版『名探偵コナン』が1位! 気になる作品ランキングをチェック

総合電子書籍ストア「BookLive!」にて、『2020年春(4月~6月)注目のメディア化作品』の特集ページを2020年3月27日(金)より公開スタート! 「BookLive!」の会員1527名から寄せられた『2020年 春のメディア化作品期待度』『2020年 冬のメディア化作品満足度』アンケートの結果をチェックしていこう!


◆春季アンケート、1位は劇場公開を控える『名探偵コナン』!
『2020年 春のメディア化作品期待度』アンケート1位には、4月に新作映画『劇場版名探偵コナン 緋色の弾丸』が公開予定の『名探偵コナン』が選出!
言わずと知れた原作・青山剛昌による人気シリーズ、特に今回の映画ではファン急増中のキャラクター・赤井秀一とその家族にスポットが当てられるということで、「今回は赤井家の秘密が明かされるのか注目!」「赤井ファミリー集結なので今から楽しみです」といったコメントが多数寄せられた。


▲『名探偵コナン』 >>>作品ページ 
「毎年必ず見ています。今回は赤井家の秘密が明かされるのか注目!」
「赤井ファミリー集結なので今から楽しみです」
「コナンはやっぱりどれも面白い!!」
「常に期待を裏切らない展開、大人もちゃんと楽しめる」

2位は、TVアニメ第2期が4月からスタートする『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』。エリートが集う学園の生徒会長&副会長が繰り広げる、極度のツンデレ同士のラブコメディは、思わず笑ってしまったりツッコミたくなりつつも胸キュン要素もたっぷり。
「テンポの良いコミカルなストーリーで面白い!」「なかなか告白しない、2人の駆け引きが絶妙でドキドキします」「かぐや様と会長の関係がどうなるか楽しみです」といった声が集まっている。

▲『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』 >>>作品ページ 
「テンポの良いコミカルなストーリーで面白い!」
「なかなか告白しない、2人の駆け引きが絶妙でドキドキします」
「かぐや様と会長の関係がどうなるか楽しみです」
「キャラのツンデレ具合が好き!頭脳戦が毎週楽しい」


ドラマ化作品では、『東京ラブストーリー』が9位にランクイン。”90年代恋愛ドラマの金字塔が、現代版で29年ぶりによみがえる”というだけあって、幅広い世代が注目。
「カンチとリカが帰ってきた!」「昔のバージョンを知っているから、現代版がどうなっているか非常に楽しみ」など、ドラマ版の前作を視聴していた方から期待の声が多数届き、また「スマホで簡単に連絡がとれる現代で、”すれ違う二人”がどう描かれるのか」という点に興味を示すコメントもあった。

▲『東京ラブストーリー』 >>>作品ページ 
「カンチとリカが帰ってきた!」
「昔のバージョンを知っているから、現代版がどうなっているか非常に楽しみ」
「スマホで簡単に連絡がとれる現代で、"すれ違う二人"がどう描かれるのか、興味ある」
「今風に描くとどうなるんだろう…!?令和版、楽しみです」


※総合電子書籍ストアBookLive! 調べ
(C)青山剛昌/小学館
(C)赤坂アカ/集英社
(C)柴門ふみ/小学館



◆冬季アンケート1位は竹内涼真主演で実写ドラマ化もされた『テセウスの船』
『2020年 冬のメディア化作品満足度』アンケート1位は『テセウスの船』に。
ミステリーとして真犯人が気になるという方はもちろん、原作漫画とドラマ版との違いをそれぞれ楽しんでいる方や、「家族愛に泣ける」という声も寄せられた。

▲『テセウスの船』 >>>作品ページ
「展開が読めなくて、真犯人が誰なのかドキドキします」
「ミステリー要素と人間関係がうまく描かれている」
「原作とドラマで犯人が違うらしいので、毎回目が離せない」
「サスペンスとしてもすごくハラハラするし、家族愛に泣ける!」

2位の『恋はつづくよどこまでも』は毎週、ドラマが放送されるたびにSNSが賑わう「恋つづ」ブームを巻き起こし、「胸キュンしっぱなし!」「天堂先生のドSでツンデレな所が良い」といったコメントが多数。

▲『恋はつづくよどこまでも』 >>>作品ページ
「とにかく胸キュンしっぱなし!とても面白いです」
「天堂先生、王道のイケメン!ドSでツンデレな所が良い」
「いい年した大人なのに、キュンキュンしてます…原作もドラマも、どちらも良い作品」
「主人公・七瀬の、素直で健気なところが応援したくなる」


3位は前回の調査で期待度No.1だった『ヲタクに恋は難しい』、4位はTVアニメ第4期となる『ハイキュー!!』がランクイン。新作アニメとしては8位の『虚構推理』が躍進、「今までの推理物と違った面白さ」を評価する声が集まった。

▲『虚構推理』 >>>作品ページ
「今までの推理物とまったく別のアプローチなのが面白い」
「長台詞が多いのに飽きさせない。見事!」
「ヒロインの性格が変わっていて、でも可愛い」
「虚構で推理する、というのが新しい。頭を使うけど、そこが面白い」



※総合電子書籍ストアBookLive! 調べ
(C)東元俊哉/講談社
(C)円城寺マキ/小学館
(C)城平京・片瀬茶柴/講談社