「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村けん(本名・志村康徳)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルス肺炎のため入院していた東京都内の病院で亡くなった。所属事務所が30日に発表した。70歳だった。通夜および葬儀は近親者のみで執り行われる。

 志村さんは1950年、東京都生まれ。1974年に「ザ・ドリフターズ」の正式メンバーになり、「8時だョ!全員集合」「ドリフ大爆笑」などのバラエティー番組で人気を集めた。「志村けんのだいじょうぶだぁ」「志村けんのバカ殿様」など単独でも冠番組を持ち、「東村山音頭」「ヒゲダンス」など数々のギャグで幅広い年齢層の支持を集めた。

 近年も、「天才!志村どうぶつ園」「志村でナイト」といった冠番組や舞台「志村魂」で精力的に活動。今年は、NHK連続テレビ小説「エール」や、主演映画「キネマの神様」(山田洋次監督)など、俳優としての活動が予定されていたほか、東京五輪の聖火リレーで故郷の東村山市を走ることが発表されていた。