糖質量控えめ! 夜遅めの食事にピッタリ! 管理栄養士がおすすめする“おうちごはん”簡単レシピ
高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週月曜日は、CIAやFBIなどの内定を受けつつも辞退したベンチャー企業・執行役員のREINAさんとお届け。3月30日(月)の放送では、ゲストに管理栄養士でフードコーディネーターの北嶋佳奈さんを迎え、“おうちごはん おすすめ簡単メニュー”を教えてもらいました。

北嶋さんおすすめの「焼きカレーチーズうどん」



先週末は、3食全部作っていたというREINAさん。普段、料理をしないように思われるそうですが、実はかなりの料理好きで、家ではよくイタリアンを作り、得意料理はマメとひき肉、野菜をたっぷりと入れたチリコンカンスープだとか。一方、たかみなはハンバーグが旦那さんに好評で、さっぱりしたいときは何かとポン酢を使うことが多いそう。

そんな2人に、北嶋さんが紹介する最初の料理は「焼きカレーチーズうどん」。実際にスタジオに用意され、早速試食してみると、たかみなは「美味しい! 彩りもいいし、食感が最高! (野菜たっぷりで)罪悪感もない」と大満足!

この「焼きカレーチーズうどん」の作り方は、まず冷凍うどんを予めレンジで1分加熱。そして、フライパンに油を敷き、豚ひき肉ともやしを炒めます。そこへ、カレー粉、うどん、めんつゆ(ストレート)を入れ、さらにトマトとホウレンソウを加え、塩こしょうで味を調えれば完成。食べる前に粉チーズをふるといいそうです。

なお、カレー粉はそんなに入れる必要はなく、1人分小さじ1。ホウレンソウも冷凍のものでOK。また、もやしをたっぷり使っているので、うどんは1人前・半玉。「糖質量も控えめで、夜遅めの食事にもピッタリです」と北嶋さん。

このレシピは、北嶋さんの著書「遅夜ごはん 疲れた日でも、これなら作れる。」(宝島社)でも紹介されています。この本のなかで、REINAさんが気になった料理は「豆腐とエビの和風たらこグラタン」。これはホワイトソースではなく“長いも”を使っているため、とてもヘルシー。ボリュームが欲しい人には、下にご飯を入れて“ドリア”っぽくしても良いとのこと。

左から、REINAさん、北嶋佳奈さん、高橋みなみ



また、リスナーからは、
・コンビニに売っているもやし炒めの野菜でナムル
・豆苗、えのき、豚バラをレンジでチンして、ポン酢と一緒に
・おからとタマゴ、水とベーキングパウダーでおからパンが作れます
など、さまざまなメニューが寄せられるなか、「ジャガイモ、タマネギ、キムチで何を作ろう?」という相談が。これに北嶋さんは、「炒めるだけで美味しそうだけど、そこにうまみとボリュームをプラス。豚バラやツナ缶、サバ缶を合わせて、お味噌を加えると味に深みが出ますよ!」とアドバイス。

また、「野菜が苦手な子どもが好きなハンバーグのアレンジレシピ」という要望には、「レンコンをすり下ろしたものと刻んだものを一緒に入れると、食感も楽しめていいですよ。あとは、タマネギをすり下ろすと甘くなるので、ソースに加えるのがオススメです」と話します。

さらに、「カボチャ料理」というオーダーには、「タネとワタをとって保存すると長持ちする」とアドバイスしつつ、「鶏とカボチャのマスタードテリヤキ」を提案。これも著書に載っているそうなので、気になる方はぜひチェックを。

ちなみに、北嶋さんはサバ缶やツナ缶、トマト缶など缶詰を常備しているそう。というのも長時間保存ができる他、サバ缶などはお肉代わりにも使えるため。一方、REINAさんはスパイスを常備しているそうで、「スパイスさえあれば同じ食材でも味を変えられるので便利。おすすめはオレガノです!」と話していました。

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm