「週刊少年ジャンプ」の付録の「鬼滅の刃」のシール「悪鬼滅殺シール」(C)吾峠呼世晴/集英社

 3月30日発売のマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)18号の付録に、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」のシール「悪鬼滅殺シール」が付いている。鬼殺隊士と名ぜりふが描かれ、冨岡義勇の「俺は嫌われてない」、時透無一郎(ときとう・むいちろう)の「僕は幸せになる為に生まれてきたんだ」、胡蝶しのぶの「仲良くするのは無理なようですね。残念、残念」などがシールになった。

 同号に掲載された第200話「勝利の代償」では、鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)との戦いが最終局面を迎えた。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、凶暴な鬼に変異した妹・禰豆子(ねずこ)を元に戻し、家族を殺した鬼を討つために旅立つ……というストーリー。2016年に同誌で連載が始まった。電子版を含むコミックスのシリーズ累計発行部数が4000万部を突破するなど大ヒット。テレビアニメが2019年4~9月に放送された。劇場版アニメ「無限列車編」が2020年に公開される。