唐沢寿明

唐沢寿明が主演する『あまんじゃく 元外科医の殺し屋 最後の闘い』の続編が、3月30日(月)21時からテレビ東京系にて放送される。

本作は、2018年9月に放送して高視聴率を獲得し、Twitterでも日本トレンド入りするなど大きな話題を呼んだ作品。唐沢演じる元外科医の殺し屋・折壁嵩男が、法で裁けぬ悪を葬りながら、知らぬ間に巨大な陰謀に巻き込まれていくという現代医療の暗部に切り込む社会派クライム・サスペンス。前作に引き続き、木村多江が嵩男の元恋人で内科医の梶睦子、橋爪功が正体不明の弁護士で嵩男に殺しの仕事を仲介するエージェント・横倉義實を演じ、木村ひさしが監督を務める。

<あらすじ>
折壁嵩男(唐沢)は、元は優秀な外科医だったが、今は相棒の弁護士・横倉義實(橋爪)から殺しの依頼を受け、法で裁けない悪人を闇へと葬り去る殺し屋だ。この日の依頼人は元料理人・宗村将史(金田明夫)。ターゲットは三波正昭(大鷹明良)という悪徳料理評論家である。三波はかつて、宗村の娘・亜子を罠にかけ凌辱し、自殺に追いやった過去がある。嵩男は宗村の依頼を受けることに。

そして嵩男は、三波の愛人・煮雪梨花(松本若菜)に近づく。彼女を利用して三波を徹底的に追い詰め、最後は完璧に抹殺する嵩男。そんな中、世間では優秀な人間の死体から心臓や脳が抜かれるという、奇妙な事件が立て続けに起きていた――。

一方、三波の暗殺計画を進める嵩男のもとに、更なる殺人依頼が来る。嵩男のかつての恋人・梶睦子(木村)の紹介だという椙山絵麻(柴本幸)が、DV夫・啓介(中村俊介)を殺してほしいというのだ。さらに嵩男は妻・千代乃(大場久美子)の難病に悩む恩師・名和潤造(野口五郎)とも偶然に再会する。運命の糸に手繰り寄せられるように予期せぬ出来事が続く。

そしてそれは、やがて思いもかけない巨悪の存在に繋がってゆく……。