2020年最新【ソニー】ミラーレスカメラ10選|フルサイズ・APS-C機を一覧比較!

【この記事のエキスパート】

写真家:藤井 智弘

写真家:藤井 智弘

1968年東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科を卒業。

96年に写真展を開催後、フリー写真家になる。カメラ専門誌やWebの撮影や執筆を中心に、各種撮影やセミナー講師などで活動。

作品では国内や海外の街を撮影し、ライカカメラジャパンの公式インスタグラムにも作品が掲載される。

公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員。デジタルカメラグランプリ選考委員。NHK文化センター講師。


SONY(ソニー)のミラーレスカメラは初心者でも扱える手ブレ防止機能や、暗いところでもきれいな画質の写真撮影が楽しめるようさまざまな機能がついています。そこでソニーのミラーレスカメラの選び方と写真家・藤井智弘さんと編集部が選ぶ2020年最新おすすめ10選を紹介します。

ミラーレスカメラとは?
ソニーのミラーレスカメラの特徴

ミラーレスカメラはデジタルカメラの種類のひとつ。国内で販売されているデジタルカメラのうち、すでに50%以上がミラーレスカメラにとってかわられています。

ミラーレスカメラとは、デジタル一眼レフカメラからクリックリターンミラーを取り外したカメラで、カメラの構造自体は普通のデジカメと変わりません。ミラーがない分、一眼レフカメラとくらべればコンパクトなのが魅力のひとつでしょう。コンパクトながら一眼レフと変わらない画素数、機能性できれいな写真が撮れるのが特徴。持ち運びもしやすいため、女性や本格的カメラの初心者からも支持されています。

手ブレ補正・イメージセンサー・ISO感度は必ずチェック!
ソニーのミラーレスカメラを選ぶポイント

ソニー ミラーレス一眼 α5100 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS付属 ブラック ILCE-5100L-B:

出典:Amazon

ソニーのミラーレスカメラはシステムが豊富で目的に合わせた機材が選べるところが特徴です。では、実際に選ぶ際にどのようなことに気をつければいいのかを紹介します。

手ブレ補正の性能をチェック

ソニー ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2:

出典:Amazon

三脚は使わず、シャッター速度が遅くなる暗所での撮影や望遠レンズでの撮影、花のクローズアップのように、手持ちでは手ブレしやすい撮影の場合、手ブレ補正機構が搭載されたカメラやレンズがおすすめです。

ソニーの手ブレ補正はカメラボディ内とレンズ内があり、ボディ内手ブレ補正はすべてのレンズで手ブレ補正効果が得られます。ボディに手ブレ補正がない機種は手ブレ補正をもつレンズを使いましょう。

自分の手に収まるサイズが理想

ソニー デジタル一眼カメラ「α6500」ボディSONY α6500 ILCE-6500:

出典:Amazon

ふだんからカメラを持ち運ぶことを想定しているならサイズや重さは要チェックです。機能が充実しているものは、その分重量やサイズが増えます。三脚などを利用して撮影することよりもスナップ写真が中心であればコンパクト軽量なものを中心に選んでみてください。

手が大きい男性であればコンパクトすぎてボタン操作などが難しく使いづらくなってしまうこともあります。用途を想像してご自身の手になじむ機種を探すといいでしょう。

撮影用途に合わせて機能から選ぶ

家族の写真を撮りたい、スポーツを撮りたい、鉄道を撮りたい、街のスナップ写真を撮りたい。などシーンや用途に合わせてどのような機能が必要か解説していきます。

画質にこだわりたいなら撮像素子(イメージセンサー)に注目

ソニー SONY ミラーレス一眼 α6600 ボディ ブラック ILCE-6600:

出典:Amazon

高画質な写真を撮りたいなら、撮像素子(イメージセンサー)がどのタイプかを確認しましょう。ミラーレスには、おもに「35mmフルサイズ(以下フルサイズ)」「APS-C」「マイクロフォーサーズ」の3タイプがあり、ソニーはフルサイズとAPS-Cをラインナップしています。

フルサイズのセンサーが一番大きく、取り込む光量の多さから一番高画質で撮影が可能です。ついでセンサーが大きいのがAPS-C、マイクロフォーサーズとなっており、とにかく高画質な写真を撮影したいならフルサイズがおすすめです。

しかし、センサーが大きいことに比例して、本体サイズも大きくなるため取り回しがしづらくなり、価格帯も上がります。初心者でソニーを購入する方は、フルサイズよりシステムが小型軽量で扱いやすいAPS-Cサイズがおすすめです。

夜景の撮影や屋内撮影メインならISO感度をチェック

ソニー フルサイズミラーレス一眼 α7RM2 ボディ ILCE-7RM2:

出典:Amazon

「ISO感度」とは、カメラ内に入ってきた光をどれだけの感度で記録するかの指標です。ISO感度が大きければ大きいほどカメラが取り込む光の量が増えるので、暗所や屋内などで撮影しやすくなります。ISO感度を高くすれば、シャッタースピードを上げられるため、走っている姿をブレなく撮りたいときなどにも有効です。

ただし、ISO感度を上げすぎると高感度ノイズが発生したり、被写体のディテールが失われたりするため、全体的に粗れたり解像感に乏しい写真に仕上がります。ISO感度は初期状態ではAUTO設定になっているので、使い慣れてきたらシチュエーションに合わせた設定を試みてください。はじめは夜間や屋内であればISO1600から3200を目安に。夕暮れや曇り空などではISO400から800くらいを目安にして、適切なISO感度を見つけましょう。

静かに撮影したいならサイレント機能

ソニー SONY ミラーレス一眼 α6400 ボディ ブラック ILCE-6400 B + SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary C018 | Sony Eマウント | APS-C/Super35 ミラーレス専用:

出典:Amazon

サイレント機能がついているカメラは、場所を選ばずに撮影できるので便利です。シャッター音を出してはいけないシチュエーションや、室内での撮影に適しています。サイレント機能の有無も確認するとよいでしょう。

瞳AF機能の有無

ソニー ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2:

出典:Amazon

ポートレート撮影(人物撮影)をおもにおこないたい人向けの機能として注目すべきは、瞳AF機能です。瞳を自動で認識して、正確に瞳にピントを合わせることが可能。背景にピントが合ってしまう、あるいは瞳以外の耳や鼻にピントが合ってしまう、など意図しない失敗が少なくなります。

人物の顔が小さすぎたり、接写しすぎるなどで、うまく働かないシチューションはありまが、年々開発により、性能・精度も上がってきっているので、瞳AF機能の有無やバージョンなどを確認しましょう。

※現在はソフトウェアアップデートでペットの瞳などにも対応している機種もあります。

操作がらくになるタッチパネル機能・カスタムキー設定

ソニー フルサイズミラーレス一眼 α9M2 ボディ ILCE-9M2:

出典:Amazon

スマートフォンやタブレットのように、背面にある液晶パネルを指で操作できるタッチパネル式機能があれば、ファインダーを覗かずにフォーカス位置を操作、フラッシュの有無などの操作ができます。スマートフォンなどに慣れている人には便利な機能でしょう。

カスタムキー操作は本体にあるボタンをある程度自由に設定ができる機能です。撮影時によく使う機能を設定すれば、撮りたい瞬間に理想の設定で撮影ができるので、カメラの扱いに慣れてきた際にはほしい機能となるはずです。

Wi-Fi機能で保存や閲覧がかんたんに

ソニー ミラーレス一眼 α6100 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS ブラック ILCE-6100L B:

出典:Amazon

現在発売されているすべてのソニーのミラーレスカメラにはWi-Fi機能が搭載されています。Wi-Fi接続することで、スマートフォンへ写真をすぐに転送したり、カメラのリモート操作がおこなえ、遠隔撮影などができます。

SNSへの写真投稿やテレビ、パソコンなどで気軽に写真・動画を楽しみたい方はWi-Fi接続機能をチェックしてみましょう。

写真家からのアドバイス
ソニーミラーレスカメラの選び方

【エキスパートのコメント】

プロも愛用する35mmフルサイズのシリーズは、より大きなボケや高精細、高画質を求める人におすすめ。またAPS-Cのシリーズは、小型軽量のシステムで軽快に持ち歩きたい人におすすめです。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)