ウェルカムドールおすすめ9選|手作りキットや完成品も紹介!

【この記事のエキスパート】

ウェディングライター:北 ゆみ

ウェディングライター:北 ゆみ

ABC協会認定ブライダルプランナー検定1級保有。

コンサルタントから、ウェディング業界に転職。入社したウェディングプロデュース会社では、プランナーのほか、式場紹介アドバイザー、プランナー養成スクールの講師も経験。
その後、ホテルのウェディング部門立ち上げに参画し、ウェディングプランナー兼マネージャーとして約9年間勤務。
結婚を機に退職し、現在は子育てしながら結婚式情報を発信するライターとして活動中。


ウェディングライターの北 ゆみさんへの取材をもとに、ウェルカムドールのおすすめ商品9選を紹介します! 新郎新婦に代わってゲストをお出迎えしてくれる「ウェルカムドール」。手づくりものからオーダー品、キャラクターものなどの完成品等、さまざまな種類が販売されています。この記事では、ウェルカムドールの選び方も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ウェルカムドールとは?

結婚式に華をそえてくれる、ウェルカムドール。ウェルカムドールとは、結婚式や披露宴会場の受付やウェルカムスペースに置くぬいぐるみや人形のこと。ふたりの門出のお祝いにかけつけてくれたゲストをお迎えする、いわば結婚式や披露宴のファーストインプレッションを左右する重要な役割を持っています。

ウェルカムドールは、定番のテディベアからディズニーなどの人気キャラクターのほか、オリジナルのオーダー品やひと針ひと針思いをこめて自分で手作りできるキットまでさまざまな種類があります。自分たちらしいウェルカムドールを選びましょう。

ウェディングライターに取材
ウェルカムドール選びのポイント

まずはウェルカムドールの選び方をチェックしていきましょう。ウェディングライターの北 ゆみさんのアドバイスもご紹介しています。自分たちの使い方にぴったりのウェルカムドールを選びために参考にしてみてくださいね。

まずは相場を知ろう!

出典:Amazon

なにかと出費がかさむ結婚式。ウェルカムドールの予算もある程度決めて選ぶといいでしょう。ウェルカムドールは、1,000円台のものから数万円するものまであり、新郎新婦のニーズにあわせて幅広い価格帯の商品がそろっています。

一般的な相場は3,000〜5,000円前後。オーダー品が高価なのはもちろんですが、衣装が凝っていたりディテールが細かいものは高価になる傾向にあります。ウェルカムドールにどれくらいこだわるか、相場を見ながら予算を決めていきましょう。

オンリーワンにこだわりたい人は「手作りキット」や「オーダー品」

出典:楽天市場

「世界にひとつだけ」のオンリーワンにこだわりたい人は、手作りキットやオーダー品がおすすめです。手作りといっても一からつくるわけではなく、すでにキットになっている便利な商品が販売されていますので、あとは縫い合わせていくだけ。結婚に向け、一針一針ていねいに縫っていくそのプロセスがウェルカムドールを見るたびに思い出され、いい記念になるでしょう。

また、ウェルカムドールの衣装を自分たちが結婚式や披露宴に着用する衣装に似せたり、顔まで似せたりできるフィギアなどオーダー品はまさに自分たちのオリジナル。ゲストもあっと驚くこと間違いなしです。

キャラクターが人気な「完成品」

出典:Amazon

手作りやオーダーの時間がとれない、手作りはあまり得意でないという方は、完成品がおすすめです。完成品のなかでも、新郎新婦にゆかりがあるなどキャラクターものが人気です。

ミッキーやミニー、ウェルカムドールの定番ベアー系のキャラクターのほか、ゲームの登場人物などユニークなキャラクターも。自分たちが好きなキャラクターや話題のキャラクターなどを選べば、ゲストとの会話も盛り上がります。

ウェディングライターがアドバイス
おもてなしの気持ちが伝わるウェルカムドールを!

【エキスパートのコメント】

私が担当した結婚式では、いつも受付中のゲストの様子をチェックしていました。ウェルカムスペースのディスプレイを見たゲストが盛り上がっているようなら、披露宴も和やかにスタートできるからなんです。

受付での雰囲気づくりはそれくらい大切。結婚式のテーマや会場の雰囲気に合わせ、ふたりらしいウェルカムドールを選んで、おもてなしの気持ちを伝えましょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)