NHK連続テレビ小説「スカーレット」第150回の一場面 (C)NHK

 戸田恵梨香さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「スカーレット」(総合、月~土曜午前8時ほか)は最終第25週「炎は消えない」を放送。3月28日の最終第150回では……。

 喜美子(戸田さん)は武志(伊藤健太郎さん)と信楽の仲間と琵琶湖に出かけ、すがすがしい思いに満たされる。武志は闘病しつつ作陶を続け、そばで喜美子も陶芸に励む日々。喜美子は武志との時間を大切に過ごしながら、ふと武志に問いかける。喜美子に強く抱きしめられる武志。2人は幸せを胸に刻む。2年後、喜美子は武志の作品を大崎(稲垣吾郎さん)と共に見つめていた。作品作りに挑戦する大崎。そして八郎(松下洸平さん)が訪ねて来る。

 「スカーレット」は、101作目の朝ドラ。焼き物の里・滋賀県の信楽を舞台に、女性陶芸家の草分け、川原喜美子の波瀾(はらん)万丈の人生を描く。脚本を人気ドラマ「ホタルノヒカリ」シリーズなどで知られる水橋文美江さんが手がけ、語り(ナレーション)をNHKの中條誠子アナウンサーが担当。主題歌は、ボーカリスト越智志帆さんのソロユニット「Superfly」のオリジナルソング「フレア」。

 第24週「小さな希望を集めて」では、武志の病状を知った家族はもちろん、友人、ちや子(水野美紀さん)までがドナー検査を受けるが、適合者は見つからない。そんな折、大阪時代の知り合いのさだ(羽野晶紀さん)と圭介(溝端淳平さん)が喜美子の元へやって来る。小児科医となった圭介に励まされる喜美子。そして、病状が進行する中、武志はより一層、陶芸に情熱を燃やす……という展開だった。