[写真]=Getty Images

 新型コロナウイルスの影響でサッカーの活動は制限されているが、本来であれば今週、来週はインターナショナルマッチウィークだった。3月26日は、豊田スタジアムでミャンマーとのワールドカップ予選が開催される予定だったが、感染拡大が止まらない今、国際親善試合を含めて代表戦が中止となるのはやむを得ないだろう。

 それでも、国単位の情報を出せないか――というわけで、今回は2019-20シーズンにおける欧州4大リーグの国籍別ゴール数を調べてみた。

 もちろん、トップ4を占めたのは欧州4大リーグの開催国だった。では、栄えある1位に輝いたのはどの国なのか。また5位以下にはどんな国が並んだのか。トップ10をランキング形式で紹介する。

※以下のデータは、移籍情報サイト『transfermarkt』を参照(3月26日時点)
※出生地と代表の国籍が異なる場合は代表の国籍を優先
※最多得点者のカッコ内は現所属クラブ

10位 ポルトガル 72ゴール
最多得点者:クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス) 21ゴール

 最多得点者はもちろんC・ロナウドで、全72ゴールの約30%にあたる21ゴールを挙げている。同選手に次いでゴールを挙げているのは、フランクフルトのFWゴンサロ・パシエンシアで“わずかに”7ゴール。やはりC・ロナウドの得点力の高さが際立っている。

9位 オランダ 74ゴール
最多得点者:ワウト・ウェクホルスト(ヴォルフスブルク) 11ゴール

 ポルトガルを僅差で上回ったのがオランダだ。C・ロナウドほどゴールを量産する選手はいないが、得点者の数(24人)でポルトガル(18人)を上回っている。なお、オランダ人選手の得点数が最も多いリーグはブンデスリーガで、総得点(74)の約半数にあたる36ゴールを記録。同リーグでは、ドイツ人、フランス人に次いでオランダ人選手が得点を挙げている。

8位 ベルギー 83ゴール
最多得点者:ロメル・ルカク(インテル) 17ゴール

 FIFAランキング1位のベルギーが、8位にランクイン。セリエAで17ゴールを挙げているルカクを筆頭に、計83ゴールを数える。ただ、プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガでは、それぞれ20ゴール以上を記録しているのに対し、ラ・リーガでの得点数はわずかに「3」。得点者は、レアル・ソシエダのアドナン・ヤヌザイ(2ゴール)とレアル・マドリードのエデン・アザール(1ゴール)の2人だけだ。

7位 ブラジル 140ゴール
最多得点者:ジョアン・ペドロ(カリアリ) 16ゴール

 7位に入ったのは、サッカー王国ブラジルだった。世界各国にタレントを輩出してきた実績を持つが、今シーズンここまで2ケタ得点を挙げているのはカリアリのJ・ペドロ(16ゴール)、マンチェスター・シティのガブリエル・ジェズス、エヴァートンのリチャーリソン(ともに10ゴール)の3人だけ。リーグ・アンでは、パリ・サンジェルマンに所属するネイマールが13ゴールを挙げているものの、ひと昔前のように欧州トップレベルで生粋のブラジル人ストライカーを見ることは少なくなった。

6位 フランス 150ゴール
最多得点者:カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード) 14ゴール

 現・世界王者のフランスがブラジルを上回って6位にランクイン。ベンゼマのほかにも、バルセロナのアントワーヌ・グリーズマン(8ゴール)やマンチェスター・ユナイテッドのアントニー・マルシャル(11ゴール)など、フランス人ストライカーの活躍は今シーズンも目立っている。なお、プレミアリーグ(58ゴール)、ラ・リーガ(41ゴール)、ブンデスリーガ(40ゴール)の3リーグでは、フランス人選手の得点数が「40」を上回ったが、セリエAでの得点数は「11」にとどまった。イタリアで最もゴールを奪っているフランス人選手は、ミランのDFテオ・エルナンデスで5ゴールだった。

5位 アルゼンチン 152ゴール
最多得点者:リオネル・メッシ(バルセロナ) 19ゴール

 南米のライバル国、ブラジルを上回るだけでなく、欧州4大リーグを開催する4カ国を除いてトップの得点数を記録した。個人ではもちろん、メッシが最多の19ゴールを記録。ただリーグ別では、66ゴールをたたき出しているセリエAがナンバーワンとなった。インテルのラウタロ・マルティネス(11ゴール)を筆頭に、ユヴェントスのパウロ・ディバラ、ラツィオのホアキン・コレア(ともに7ゴール)らが得点を量産している。

4位 イングランド 269ゴール
最多得点者:ジェイミー・ヴァーディ(レスター) 19ゴール

 トータル269ゴールのうち、251ゴールはプレミアリーグで記録したもの。占有率は93パーセントと極めて高い。そもそも、その他3リーグで得点を挙げたイングランド人選手は、ドルトムントのジェイドン・サンチョ(14ゴール)、ローマのクリス・スモーリング(2ゴール)、インテルのアシュリー・ヤング、シャルケのジョンジョ・ケニー(ともに1ゴール)の4人しかいない。ラ・リーガに至っては、イングランド人選手の得点数がゼロだった。

3位 イタリア 277ゴール
最多得点者:チーロ・インモービレ(ラツィオ) 27ゴール

 セリエAだけで264ゴールを挙げるなど、イタリア人も国内での得点数が圧倒的に多い。占有率はイングランドを上回る95パーセントとなっている。ラ・リーガでは無得点というのも、イングランドとの共通点だ。ちなみに、その他3リーグで最も多くのゴールを決めているのは、チェルシーのMFジョルジーニョで4ゴールだった。

2位 ドイツ 283ゴール
最多得点者:ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ) 21ゴール

 ドイツ人選手がブンデスリーガで挙げた得点数は「263」。自国リーグにおける得点数は、イタリアとほぼ変わらない。一方、その他3リーグの得点数は「20」と、イタリア(13)を上回っており、その差が2位入りの要因となった。なお国外における最多得点者は、アタランタのロビン・ゴセンスで7ゴールを記録。次いで、レアル・マドリードのトニ・クロースが3ゴールを奪っている。

1位 スペイン 428ゴール
最多得点者:ジェラール・モレノ(ビジャレアル)ほか2名 11ゴール

 今シーズンの欧州4大リーグで、最もゴールを挙げているのはスペイン人だった。ラ・リーガだけで368ゴールを挙げていて、2位以下の国々を圧倒。その他リーグにおいても、プレミア(32ゴール)、セリエA(18ゴール)、ブンデス(10ゴール)のすべてで2ケタ得点を達成している。突出したストライカーはいないものの、点を取れる選手が数多く存在するという点はスペイン代表に通じるところがある。

(記事/Footmedia)