木村拓哉が『アエラスタイルマガジン春号』に語ったこだわりと仕事観

木村拓哉が、3月24日(火)発売の『アエラスタイルマガジンvol.46』(朝日新聞出版)の表紙・巻頭特集を飾っている。
デビューから29年目、今年はソロアルバムを発売し、ライブツアーを成功させ、4月からは主演ドラマ『BG~身辺警護人』(テレビ朝日系)がスタートする。「やっぱり国民的なスターである」という称賛の声が絶えない木村拓哉。

『アエラスタイルマガジン』の巻頭グラビアでは、ミュージシャンとしての顔をのぞかせるほか、時代ごとにアップデートしながらも、ブレることのない「木村拓哉」のこだわりや仕事観について語っている。

***以下、アエラスタイルマガジンvol.46[2020春号]誌面より発言の一部を抜粋

(「木村拓哉」を更新しつづけられるのはなぜかと問われて…)
『更新している』という感覚は自分では特にないです。周りがそうさせてくれているだけ――。

(ここ最近の世間のさまざまな反応について…)
過去については振り返る必要はない。いま受け取ってくれている人がいるのに、なぜ僕が振り返る必要があるの? 受け取ってくれている人たちに失礼でしょう。言われたこと、ひとつひとつに返してもきりがない。言いたいように言えばいい。期待に対しても同じ――。

(落ち込むことがないのか問われて…)
落ち込むこと? 『こうしとけばよかった』と思うことはあっても、それは次に生かせるじゃん。落ち込んだとしても素潜り派――。

▽アエラスタイルマガジンvol.46[2020年春号]
発売日:3月24日(火)
定価:1000円
発行元:朝日新聞出版