【若葉区】地域に愛される小さな本格パン屋さん「ベーカリーtocco」

こんにちは、ARUHIマガジン地域レポーター・四街道市在住の「ひなた」です。
住んでいるからこそ知っている、地元民ならではのおすすめスポットやお店を発信していきたいと思っています!

今回は若葉区にある小さいながらも本格派なパン屋さん「ベーカリーtocco(ベーカリートッコ、以下tocco)」です。

2017年にオープンした、本格的なパンが並ぶパン屋さん。JR都賀駅、千葉都市モノレール桜木駅から共に徒歩10分程度の距離がある住宅街の一角にお店があります。

小さな販売スペースに所狭しと並ぶ本格パンが魅力のお店

最寄り駅から徒歩だと少し行きにくい場所ではありますが、お店の前に駐車スペースが2台分あるため、車で行くのが無難です。シックな店構えながら、入り口の引き戸がガラスということもあって入りやすい雰囲気です。

店内全体はそれなりに広さがありますが、お店に入ると奥がパンの製造を行うスペースとなっており、陳列・販売スペースは狭めで人が2人くらい入れる程度。ただ、そのこぢんまりとした空間にたくさんの種類のパンが並んでいます。

おかず系からスイーツ系まで揃う「tocco」ですが、フランス産小麦を使用したフランスパンなど本格的なものも多数。見た目だけでなく良質な素材へのこだわりも大事にしています。

ベーシックな食パンも人気商品。イギリスパンと国産小麦の食パンをそれぞれ取り扱っていますが、これらはリピーターさんが結構いるようで、電話予約も受け付けているそうです。実際に私がお店を訪問した時も、予約商品を取りに来たお客さんがいました。予約しておけば、売り切れの心配もないし便利ですね。

また、こちらの「tocco」ではその陳列スペースが小さいこともあってか定期的に少量ずつパンを焼いています。そのため、訪れた時にたまたま焼きたてパンに遭遇できたりするのもうれしいところです。
この日はちょうどカレーソースを使ったホットドッグのようなパン「カリーブルスト」が焼きあがったタイミングだったので、こちらも購入することにしました。

焼きたてソーセージドッグ「カリーブルスト」を実食!

さて、いくつかパンを購入しましたが、その中でも焼きたてに出合えた「カリーブルスト」をランチにいただくことにしました。まだホカホカと温かいパンはふっくらと柔らかく、香ばしくて香り豊かです。

たっぷりのチーズがいい感じに焦げて食欲をそそるそのビジュアルですが、さらに拍車をかけるのが大ぶりなソーセージです。手に持つとずっしりと重量感のあるカリーブルスト、それではいただきま~す。

大きな口で頬張ると、ふんわりとしたパンの食感の後に、パリッと皮目が香ばしいソーセージ。さらに噛み締めるとソーセージからは肉汁がジュワッとしたたり落ちるほどジューシーで、ギュッと凝縮された旨味が食べ応え抜群。
そんなソーセージを挟み込むパンは小麦の香ばしい香りがふんわりと鼻を抜け、後から小麦のやさしい甘さがじんわりと口の中に広がります。

そのソーセージ&パンの旨味と甘さをより一層引き立てるのがスパイシーなカレーソース。程よい刺激のカレーソースはソーセージにトロッと絡み、程よい辛さが食欲を増幅させるちょっと大人な味わいです。それらをまとめあげるチーズのコクとまろやかさが、最終的に口の中で混ざり合い一体化することによって絶妙なバランスの仕上がりとなっています。

おかずパンはもちろんのこと、スイーツ系の甘いパンもまたクオリティが高く本格的な「tocco」は、根強いファンがたくさんいるのも納得な、ハイレベルなパンを購入できるお店です。

ベーカリーtocco(ベーカリートッコ)
住所:千葉県千葉市若葉区桜木北3丁目16-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜・日曜、そのほか不定休(Twitter、Facebookで確認を)
Twitter : @tocco24886756
Facebook : https://www.facebook.com/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%BC-tocco-116476035658133/

※記事に掲載した内容は取材日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はホームページなどで最新情報の確認をお願いします

「ARUHIマガジン地域レポーター」とは?
家探しの参考になる街の情報を「そこに住む人」の目線で発信する、ARUHIマガジンのオフィシャルブロガー・ライター。地元で愛されるグルメや注目のお店をはじめ、とっておきの穴場や子連れお出かけスポットなど、知って得する情報を発信中!

執筆者:ひなた