株式会社ノートンライフロックは3月6日、2020年2月14日付で社名を「シマンテック」から変更していたことを発表した。シマンテックはセキュリティソフトウェア「ノートン」シリーズで知られるセキュリティ会社。

ノートンライフロック

シマンテックは1994年に日本法人を設立。法人向け事業および消費者向けセキュリティソフト「ノートン」を展開してきたが、2016年に米国の消費者向け個人情報盗難対策サービスLifeLock社を買収し、消費者向けインターネットセキュリティ製品のブランド名を「ノートンLifeLock」に変更していた。

今回、2019年11月にシマンテックの法人向け事業をブロードコム(Broadcom)に売却したことに伴い、社名を製品ブランド名と同じ読み方の「ノートンライフロック」に変更。事業を消費者向けインターネットセキュリティに絞って、製品を提供していくという。

なお、ブロードコムへ買収したシマンテックのサイバーセキュリティ事業だが、2020年1月、コンサルティング企業のアクセンチュア(accenture)が、同事業を買収することにブロードコムと合意したことを発表している。