“脱・キッチン家電”! 発想の転換で、家電の置き場所を確保しよう

私たちの生活にとって欠かせない家電。家電で時間を産む「時産」を提唱する、インテリア&家電コーディネーターの戸井田 園子さんに、連載形式でこれから住宅購入を考える方に向けての「家電計画」の極意を教えていただきます。第二回目となる今回のテーマは「調理家電」。

最近、人気の高い「調理家電」。便利で機能的な製品がさまざまに登場していて、気になっている方や、すでに活用している方も多いでしょう。しかし、増え続ける魅力的な調理家電を「どこに置くか?」が皆さん悩ましいところ。今回は、“限られたキッチンスペースに新しい家電を置けない!”というお悩みを解消するスペース確保のポイントをご紹介&目からウロコの「新しい家電置き場」もご提案します!

第一回の記事(「新居に置き場所がない問題」を防止! 最新の家電トレンドを押さえよう)でも触れましたが、キッチンには多くの家電があります。定番家電から新規参入家電まで、それぞれの置き場所のポイントを詳しくご説明していきましょう。

「定番家電」はあらかじめ置き場所・必要なスペースを確保!

まずは冷蔵庫・炊飯器・オーブンレンジなど、どの家庭にもある定番の家電について。こちらは、住まい計画の早い段階から、しっかり設置場所を確保しておきましょう。

家電自体の置き場所はもちろん、扉を開閉するのに必要なスペース、放熱のために必要なスペースなど、その家電を使うときに必要となるスペースも含めて、寸法を確保する必要があります。さらに、冷蔵庫のような大型家電は搬入経路の確認も必須。キッチンの置き場所まで、どこをどう通って搬入するか、確実にスペースをおさえておきましょう。

また、オーブンレンジや炊飯器は、最大の消費電力が1000Wを超えます。設置場所には、専用のコンセントがあると安心です。住まいづくりの計画段階から家電の置き場所を想定し、カウンターや食器棚の設置場所と合わせて、必要なコンセントもしっかり計画しておくことをおすすめします。見た目も美しく、使いやすいキッチンになりますよ!

調理の下ごしらえを助けてくれる「アシスト家電」は出し入れしやすい場所に常設

フードプロセッサー・ブレンダーなどの、下ごしらえをスピーディーにこなしてくれる「アシスト家電」。いつも出しておく必要はありませんが、収納にはなかなかのスペースが必要なものです。とはいえ、出し入れしにくい場所にしまってしまうと、使わなくなってしまうことも。

アシスト家電のポイントは、まずはデイリーで使いたいものを吟味しましょう。そして、収納場所はサッと取り出して使えて、終わったらサッと片づけておけるように、オープンな棚やシンク上の吊り戸棚がおすすめです。下ごしらえをする調理台の周囲には、コンセントも忘れずに!

小物家電は「キッチン家電」から「ダイニング家電」へ!

トースター、ミキサー、コーヒーメーカー・電気ケトルのような小物家電。かなりのご家庭で頻繁に使われていると思います。これらの家電、みなさんはどこに置いていますか?
「キッチン家電」という名のごとく、もちろんキッチンに置いている、という方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、よく考えてみてください。この小物家電たちは、どこで使うことが多いですか?
例えば朝食時。トースターで食パンを焼いて、コーヒーメーカーのコーヒーやミキサーで作ったフレッシュジュースを飲んだり、ケトルでお湯を沸かしてお茶やカップスープを飲んだり…。このように、実は小物家電は食卓で使うことが多いのでは?
それならばいっそのこと、ダイニングに小物家電を置いてみましょう!パンやバター・ジャム、ジュースの材料は、キッチンから持ってくればOK。あとは、食べる人がそれぞれ自分で作業をすることができるようになります。

ダイニングに家電があることで、家族の家事参加がしやすくなるという効果も。家族と分担できればワンオペの食事の支度から解放されて、家族みんなで食卓を囲めるようになります。また、キッチンに置く家電が減れば、キッチン内での作業スペースも増えます。調理もしやすくなり、家族の炊事参加も進めば一石二鳥ですね。
さらに最近は、電気圧力鍋・電気調理鍋など、新しい調理家電も登場しています。ダイニングに小物家電をお引越しすれば、新しい調理家電を置けるスペースも確保できます。

小物家電のポイントは、「キッチンで使う? ダイニングで使う?」と、使用する生活シーンをまずイメージしてみること。使う場所をよく見極めて、置き場所を再検討してみてはいかがでしょうか?

使用頻度が少ない家電を蘇らせよう!「脱・休家電」

ホップレートやグリル鍋なども、おもに卓上で使う家電です。キッチンの流し台の下や吊り戸棚に収納したり、冷蔵庫の上に購入時の段ボールに入れて置いてあるご家庭をよく見かけます。そのような収納をされている場合、出し入れがしにくく、使用する出番がどんどん減ってはいませんか?

このような家電を、筆者は「休家電」と呼んでいます。せっかく買ったのに、出番が少ないのでは家電もかわいそうです。ぜひ「脱・休家電」計画にトライしてみてください。
「脱・休家電」計画には、やはり収納計画が重要です。先に提案した「ダイニング家電」と一緒に、食卓側に家電を置けるスペースを確保してみてはいかがでしょう。

例えば、ちょっとしたスペースがあればそこに棚を置いて、ダイニングで使う家電を並べるだけでOK。対面キッチンであれば食卓側の壁に棚を設けやすいので、ぜひ設置してみてください。置き場所が変わるだけで、おのずと使用頻度が上がるはずです。

また、ダイニングに並べるのであれば「見た目・デザイン」も気にしたいところ。
最近のキッチン家電は、機能だけでなくデザインもどんどん進化し、おしゃれなデザイン・色、手頃なサイズの製品が増えています。家電の買い替え・買い足しの際は、インテリアの一部として統一感が出るよう、ぜひデザインにも注目してみてください。色を統一するだけでも、ぐっとまとまりが出てきますよ。

まとめ

共働きの家庭が増えているいま、家族での団欒がダイニングに移行している傾向があるそうです。このようなライフスタイルの変化を、色濃く反映しているのが「家電」です。メーカーからは、冷蔵庫をダイニングに置く提案も登場しているほど。
ダイニングが食事のスペースだけでなく家族で家事シェアをしやすい空間になれば、家族の時間も生まれ、コミュニケーションも進みます。家電の置き場所や使い方を見直して、ダイニングでの家族の時間をより充実してみませんか?

執筆者:戸井田 園子