衣装合わせ中の西野入流佳

3月31日(火)21時30分から放送される山本美月と眞栄田郷敦が共演するドラマ『U-NEXT presents あと3回、君に会える』(カンテレ・フジテレビ系 ※サッカー中継により開始時刻が遅れる可能性あり)に、『TERRACE HOUSE TOKYO2019-2020』の初期メンバーだった西野入流佳(にしのいり・るか)が出演することがわかった。

本作は、山本演じる小さな映像制作会社につとめる主人公・玉木楓と、眞栄田演じる謎めいた男性・征史郎とのラブストーリー。イケメンシェフで有名なキッチンカーの短期バイトで働く征史郎と、シェフの密着取材中に出会った楓が、「大切な人との時間の尊さ」というテーマを軸に繰り広げていく、淡く切ない恋愛物語となっている。

なお地上波放送後に動画配信サービスU-NEXTから独占配信されるもう一つのドラマ『U-NEXT presents 君と会えた』は、征史郎目線で描かれており、地上波×配信の組み合わせで、1つの物語の視点を切り替えて描くことによって、ストーリーをより立体的にとらえることができる新たな取り組みとなっている。

西野入は『TERRACE HOUSE』で端正な顔立ちと女の子と話すだけで赤面してしまうピュアさで人気を博したイケメン。今作では楓行きつけのバルの店員・玲央役を演じ、地上波ドラマは初挑戦となる。

西野入は「初めて出演させて頂く地上波の作品がこの作品でとてもうれしいです。当日は現場の緊張感に負けないように、今から意識を強く持って頑張りたいです」と意気込み。また、『TERRACE HOUSE』で話題となった“ブロッコリー料理”が登場する場面もあるそうで「玲央のような店員になったら、そのお店の看板メニューとして、カルボッコリーパスタ(カルボナーラとブロッコリーパスタ)を作りたいです(笑)」とコメント。共演者については「実力のある役者の方達ばかりなので、それを間近で見させてもらうのはとてもありがたいです。また、自分もそこから多くを学びたいと思っています」と笑顔で話した。

またドラマのタイトルにちなみ、もし「あと3回会える」と数字が見えてしまったとしたら、「多分まず初めに数字の事を相手に話してしまうと思います。そして出来るだけ長く、会える時間は一緒にいて、長く会えない時間はLINEをします!」と率直な思いを告白。最後にドラマを通して伝えたいことを尋ねると「人との関わりを大事にしようと改めて強く感じると思います。もし、あと3回会えると数字が見えてしまったら、自分ならどうするか、大切な人と過ごす時間の大切さ、尊さを考えさせられると思います」とアピールした。