ザ・ストゥージズの名盤『Fun House』50周年記念ボックスがリリース

ザ・ストゥージズが『Fun House』の50周年を豪華仕様のボックス・セットのリリースでみずから祝う。同ボックスは7月17日にライノ・ハンドメイドより発売予定。

1970年7月に故キングスメン・ドン・ガルーチのプロデュースでリリースされた『Fun House』の収録曲7曲全てが新たにリマスターされ2枚のLPに45回転で収録される。さらに、同作の完全版セッション(初出はライノが1999年にリリースしたCD7枚組ボックス・セット)が初のLP化を果たす。

ボックスには合計15枚のLPと2枚の7インチシングルが含まれる。シングルは2種類のミックスで売り出された「Down On The Street」と「I Feel Alright」。1970年にニューヨークで行なわれたライブの模様も収録される。

また、デラックス・エディションには28ページにわたる希少な写真とライナーノーツ、ヘンリー・ロリンズのエッセイを含む冊子がついてくる。冊子には更にフリー、ジョーン・ジェット、サーストン・ムーア、トム・モレロ、スティーヴ・ヴァン・ザント、ダフ・マッケイガンらのコメントも掲載される。コンプリート・エディションにはスリップマット、数種のポスター、45 RPMアダプターなどが付属。シリアル・ナンバー付きで『Fun House』のリリース年にちなんで1970個限定製造となっており、現在プレオーダー受付中だ。

アルバムの50周年記念イベントとしては、ボックス発売に加えデトロイトのキャス・コリドーにあるサード・マン・レコードで7月17日から8月7日まで展覧会が行なわれる。入場料無料で、バンドのプライベート・コレクションのなかから様々な品々、写真、音楽が公開される。

イギー・ポップは18枚目となるアルバム『Free』を昨秋にリリース。2月26日には毎年恒例となっているダライ・ラマのチャリティ・コンサートをニューヨークはカーネギー・ホールにてパティ・スミス、フィービー・ブリッジャーズ、マーゴ・プライスらと共に行なう。