【草加】一番人気は紅茶のちぎりぱん! パン好き必見の「まつけんぱん」

こんにちは! 埼玉県草加市在住のARUHIマガジン地域レポーター・ゆうさんくるさんです。
今回は草加市で根強い人気のパン屋さん「まつけんぱん」を紹介します。

まつけんぱんは東武スカイツリーライン草加駅東口から徒歩で約3分、草加駅前一番通り商店街の入口付近にあります。
店名のとおりパン職人のまつけんさんが1つ1つ丁寧にパンを焼いています。

やさしい印象を受ける外観とかわいらしいロゴマークが見事にマッチしています。
お店の入り口がスロープのため高齢のお客さんが入りやすいのもうれしい気づかいです。

店内の様子

店内にはいたるところにパン! パン! そしてパン!
5人入ればいっぱいになりそうな店内にたくさんのパンが並べられています。

食事パンや甘味パンがところ狭しと並べられています。

まつけんぱんのパンは愛嬌がある形でどれにするか選ぶのも楽しい!

人気のパンや焼きたては店頭に並んだときからどんどん売れていきます。お目当のパンに出合えたときには躊躇せずに購入することをオススメします。

イチ押しはコッペパン!

種類が豊富でボリュームたっぷり、甘味パンが好きな人には必ず食べてほしい一品です。

まつけんぱんの人気パンを発見しました。人気ナンバーワンの「紅茶のちぎりぱん」、そして食事パン人気ナンバーワンの「玄米食ぱん」です。
どちらにも試食があり、「一口食べさせれば買わせる自信がある!」とまつけんぱんの自信が垣間見えています。

取材中、何人もの人が買っていたのが「やわもちあん カルピスバター」です。
このビジュアルに加え、「カルピスバター」というパワーワードに屈服(購入)する気持ちが痛いほどわかります。

人気ナンバーワンの「紅茶のちぎりぱん」

前述したオススメのパンを一挙購入してしまいました、後悔はしていません。
せっかくなのでみなさんに感想をお伝えします。

見た目からもわかるほどボリューミーな一品、名前の通り紅茶(アールグレイ)が使用されています。
1ピースあたり5センチメートル角くらいの大きさで、ちぎって食べても一口には収まりません。頬張ると紅茶の香りが口いっぱいに広がり、鼻から抜ける吐息も心地いい。

ちぎって食べていると断面になにやら白い部分があることに気付きました。恐る恐る口に含んでみるとやさしい甘さを感じます。
実はこの白い部分は隠し味のホワイトチョコレートなんです。紅茶の風味とホワイトチョコが甘味と旨味で後押しし、一つでお腹と心が大満足! 人気ナンバーワンは伊達じゃないと実感させられました。

食事パンの人気ナンバーワンは「玄米食ぱん」

続いては食事パンの人気ナンバーワンの「玄米食ぱん」。

玄米が練りこまれた食パンで、とても軽い口当たりが特徴的です。実は卵、牛乳、ショートニング、マーガリンを一切使用していないそうです。
そのためアレルギーを持つ人や、健康に配慮されている人にも好評なのだとか。シンプルでも飽きのこない味わいが毎日の朝食に食べたくなる、そんな日常に寄り添うようなパンと出合いました。

まさに芸術の域「やわもちあん カルピスバター」

こちらのパンのメインはもちろん! カルピスバターです。カルピスバターとは、カルピスが出来上がる過程で抽出された脂肪分が原材料で使用されたバターのこと。カルピスのやさしい甘さを引き継いだ大変食べやすいバターです。
あんこはカルピスバターに合わせて甘さを控えめに作られていて相性抜群!
パンには弾力があり、噛みごたえがあるため小ぶりサイズでも十分な満足感。パン1つで期待以上のおいしさと満足感を堪能できる一品です。

まつけんぱんの基本情報

商店街にとってなくてはならないパン屋へと成長を遂げているまつけんぱん。パン好きな人にこそ訪れてほしい草加のスポットです。

まつけんぱん
住所:埼玉県草加市高砂2-12-7 小林ビル1階
アクセス:東武スカイツリーライン「草加」駅東口徒歩約3分
営業時間:10:00〜18:00(売り切れ次第終了)
定休日:日・月曜、不定休あり
駐車場:なし
HP:https://r.goope.jp/matsukenpan

※記事に掲載した内容は取材日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はホームページなどで最新情報の確認をお願いします

「ARUHIマガジン地域レポーター」とは?
家探しの参考になる街の情報を「そこに住む人」の目線で発信する、ARUHIマガジンのオフィシャルブロガー・ライター。地元で愛されるグルメや注目のお店をはじめ、とっておきの穴場や子連れお出かけスポットなど、知って得する情報を発信中!

草加の地域レポーター記事はこちら
【草加】心にグッとくるパン屋「おーぐぱん」のカレーパンに舌鼓 

執筆者:ゆうさんくるさん