グラビアアイドルの朝比奈祐未がこのほど、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD『悦楽のカルテ』(発売中 4,180円税込 発売元:双葉社)の発売記念イベントを行った。

DVD『悦楽のカルテ』の発売記念イベントを行った朝比奈祐未

DVD『悦楽のカルテ』の発売記念イベントを行った朝比奈祐未

大学時代にコスプレーヤーとして人気を博し、それを機に女優として芸能界入りした朝比奈祐未。2016年にグラビアへ転身すると、上からB89・W57・H89というプロポーションとGカップのバストに加え、色気漂う大人フェロモンで一気にトップグラドルに。2018年発表の1st写真集『アサヒナ画報』では、ヌードを惜しげもなく披露するなど大きな話題を集めた。そんな彼女の通算11枚目となる同DVDは、9月に都内で撮影。セクシーな女医に扮した朝比奈が、さらに進化した大人のエロティシズムの世界を表現している。

赤いエナメルのマイクロビキニで報道陣の取材に応じた朝比奈は「今回は私が女医さんの役なんですけど、お仕事のストレスにより夜に秘密のバイトをするという、今回もぶっ飛んだシチュエーションとなっています。女医さんは初めてで、某女医さんのドラマをだいぶ意識しました(笑)」と米倉涼子主演の『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)をイメージして撮影に臨んだという。

また、今回はローションプレイにもチャレンジ。「秘密のバイトでローションまみれのマットプレイに挑戦しました。DVDはもちろん、プライベートでも初めてです(笑)。オイルで滑っちゃって難しかったですね。ハマった? それはないです(笑)。気持ち悪かったですよ(笑)」と感想を語った。

同DVDではエアーベッドシーンなど過激なシーンを披露した朝比奈だが、「通常運転のつもりなんですけどね(笑)」といい、「ご好評をいただきましたし、結構な方々がご購入されているみたいなのですごくうれしいです」とファンに感謝の言葉。露出度も含めてこれ以上激しいグラビアは「限界があるとは思いますが」と前置きしつつも、「露出というよりは、シチュエーションでエロさを表現していけたらと思っています」と今後も過激なグラビアに意欲満々で、「秘書役でメガネを掛けた設定をやってみたいです」と次回作以降の具体的なプランも明かしていた。