日本一のレースクイーン・阿久津真央が「ヤングキング」で至極のGカップ美バストを披露

元レースクイーンでタレントの阿久津真央が25日(火)発売の『ヤングキング』(少年画報社)の表紙に登場している。
「日本レースクイーン大賞2017」で8代目グランプをはじめ同賞史上初となる3冠を獲得した阿久津真央。レースクイーンを卒業後はタレントとして活動する一方、各誌グラビアでも活躍。昨年12月には約1年8カ月ぶりのDVDもリリースした。

「ヤングキング」には春の訪れを予感させる桜色のビキニ姿で表紙に初登場。巻頭グラビアでは、黒レースのチューブトップや、グレーのビキニを身に着け、B86W58H84センチの魅惑のプロポーションと、破壊力抜群のGカップ美バストを大胆に披露している。同号では阿久津真央のサイン入りチェキプレゼント企画も実施している。(別カットはこちらから)

また、同号の巻頭カラー漫画は25日(火)に最新単行本10巻が発売された渡邊ダイスケ氏の人気連載『外道の歌』が飾っている。