日本版ポスター

竹財輝之助が主演を務め、日中共同プロジェクトとして制作されるドラマ『東京男子図鑑』の放送開始日が、4月30日(木)に決定。毎週木曜24時25分からカンテレにて放送され、放送翌日の10時より、カンテレドーガ、TVer、Amazonプライム・ビデオほかにて配信される。

本作は、大学入学とともに上京した主人公・翔太が、東京を舞台に、金と仕事と女に奮闘しながらサバイブしていく “東京男子”の成長と心理をリアルに描いた物語。翔太を演じるのは、2018年に主演したFODオリジナル連続ドラマ『ポルノグラファー』をきっかけに、日本国内のみならず中国をはじめアジアで大ブレイク中の竹財。東京という大都会に翻弄されつつ、東京にいる意味を探し続ける男性の大学生から40代までの20年間を1人で演じ切る。

そして、職場の後輩でやがて翔太と恋仲になり、人生のどん底に落ちた翔太を優しく支える女性・藤崎瑠璃子を市川由衣が演じるほか、森岡龍、落合モトキ、牧田哲也、山中崇らの出演も決定している。

2019年12月にアジア地域(台湾、香港、マカオを含む中国ほか)で先行配信され、大反響を巻き起こしている本作。今回、カンテレでの放送決定に合わせて完成した日本版ポスターは、スーツを纏い夜の東京に佇む翔太のビジュアルに、「あなたの目に映る東京は、どんな街ですか」というキャッチコピーが添えられている。さらに瑠璃子ら登場人物の姿も。物語を通じて金と仕事と女に奮闘しながら年齢を重ね、翔太が辿り着いた場所は一体……? 本作の結末を期待させるデザインに仕上がっている。

<ストーリー>
あなたの目に映る東京は、どんな街ですか。
これは、ある東京男子の20年間の物語。千葉県浦安の実家から都内の有名私立大学に通っていた翔太(竹財)は、恋人が年上の金持ち男と遊んでいることを知り、「女は結局、カネなんだ」と東京でのし上がることを誓う。

一流商社に就職し、カネにも女にも不自由しない生活を手にした翔太。しかし、女遊びもせずに働く同期の小島(落合)との出世争いや、年収3000万以上の男との結婚を望むみなみ(田中シェン)との恋愛を通して、少しずつ価値観が変わっていく。ベンチャー企業のCEOになっていた同級生・一馬(森岡)との再会によって人生が大きく変わった翔太は、部下として出会った瑠璃子(市川)との付き合いを経て、東京で生きることの意味を見つめ直すことになる。

金と仕事と女に奮闘しながら年齢を重ね、翔太が辿り着いた場所とは……。