村上春樹「ジャズが不得意な人、苦手な人に…」“村上流”ジャズ入門特別ラジオ番組をオンエア
作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの特別番組「村上RADIO」。2月23日(日・祝)の放送は、ジャズ・ヴォーカルに焦点を当て、苦手な人でも楽しく聴けるような村上流の入門企画「村上RADIO~ジャズが苦手な人のためのジャズ・ヴォーカル特集」をオンエア。本記事では、前半3曲についてお話しされた概要を紹介します。


<オープニング曲>
◆Donald Fagen with Jeff Young & the Youngesters「Madison Time」

こんばんは。村上春樹です。うかうかしているうちに年が変わっちゃって、僕もまた1つ歳を取りました。のんびり鍋焼きうどんを食べている暇もなく、時間がするすると過ぎ去っていきます。



今日は「ジャズが苦手な人のためのジャズ・ヴォーカル特集」です。この企画、前々からやりたいと思っていたんです。ジャズが不得意な人、苦手な人に、どれだけ楽しくジャズ・ヴォーカルを聴いてもらえるか――。正直なところ、あんまり自信はありません。だから偉そうなことは抜きにして、とにかく僕が個人的に好きな音楽をかけます。選曲の基本的コンセプトは「素敵な女性と、あるいは男性と親密なデートをして家に帰ってきて、ソファーに1人で横になり、ほかほかとあれこれを思い出しながら耳にしたいような音楽」です。うまくそういう音楽がかかるといいですね。

◆Lambert, Hendricks & Ross「The New ABC」
まずはジャズ・コーラスからいきます。僕の大好きなコーラス・グループ、ランバート、ヘンドリックス&ロスの歌う、「The New ABC」。誰もが知っているABCソングをジャズにアレンジしたものです。このグループは、ヴォーカリーズが得意な3人の歌手が集まってできたグループで、1957年から62年にかけて活躍しました。

「ヴォーカリーズ」というのは、ジャズの器楽曲にあとから歌詞をつけて歌うもの。テクニックの高さとセンスの良さにかけては、その手のグループで、このランバート、ヘンドリックス&ロスにかなうものはいません。黒人1人、白人1人、英国人の女性1人という、ちょっと不思議な組み合わせの3人組です。

しばらく前に、英国のある現代音楽家とジャズの話をしていたら、たまたま「あのアニー・ロスって歌手、ぼくの叔母なんだよ」と言われまして、「えー、すごいじゃない」と言ったら、相手は「何がそんなにすごいんだろう?」という怪訝な顔をしていました。親戚内部では、あまり評価されてなかったのかもしれないですね。でもこの人たち、ほんとにすごいです。

◆Astrud Gilberto「The Telephone Song」
◆Ann Burton「It's A Pity To Say Good-Night」

次は2曲続けて聴いてください。アストラッド・ジルベルトの歌う「Telephone Song」と、アン・バートンの歌う「It's A Pity To Say Goodnight」。どうしてこの2曲を続けてかけるかというと、両方とも最後のおまけが素敵だからです。
     
まず、アストラッド・ジルベルトの「The Telephone Song」。これは、スタン・ゲッツが1965年に出したライブ・アルバム『Getz au Go Go』に収められています。当時ゲッツとアストラッドは不倫関係にありまして、一緒にツアーをして回っていたんです。途中で大げんかして決裂しちゃいますが、うまくいっている間は、とてもうまくいっていたようです。

このアルバムにも、リラックスした親密な雰囲気がうかがえます。この「The Telephone Song」の最後に、アストラッドの「ふふふ」という含み笑いが入っていて、これがやたら色っぽいんです。注意して聴いてください。当時高校生だった僕は、なんとなく心が震えました。



もう1つはアン・バートンの「It's A Pity To Say Good Night」。「おやすみを言うのはつらいね」という内容の歌ですが、「どうしてもお別れしなくちゃならないのなら、おやすみのキスをして」という歌詞で終わって、そこでアン・バートンがマイクに向かって、チュッとキスしてくれます。アン・バートンはオランダ人の歌手で、このレコードは1980年4月に日本で、ダイレクト・カッティングで録音されました。素晴らしい音質のアナログでおかけします。キスの音が生々しくリアルです。含み笑いとキス……2曲続けて楽しんでください。



ダイレクト・カッティングというのは、普通アナログ時代は、まずテープに録って、それをレコードにカッティングするんだけど、テープを抜かして、直接マザーレコードにカッティングしちゃうんです。だからプロセスが1つ少なくなるので、そのぶん音がいいんですね。そのかわりダイレクト・カッティングは一発録りだから失敗できないんです。これはミュージシャンにとってはけっこうきついんですよね。

この記事で紹介できなかった選曲やそのほかの内容は、以下の記事よりチェックできます。
▶▶「僕がいちばん素晴らしいと思うジャズ歌手」…村上春樹が50年以上聴き続けているレコードとは?
▶▶村上春樹を魅了するジャズ・ヴォーカル アニタ・オデイとスタン・ゲッツの粋な話

番組の感想を送ってくれた方のなかから10名の方に、「村上RADIO」オリジナルTシャツをプレゼント! 詳しくはWebサイトをご確認ください。

<2月23日(日・祝)放送番組概要>
番組名:村上RADIO~ジャズが苦手な人のためのジャズ・ヴォーカル特集
放送日時:2月23日(日・祝)19:00~19:55
放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/