17歳の美少女、ビアンカ殺害事件の容疑者が有罪答弁「取り返しのつかないことをした」

昨年7月、米ニューヨーク州ユーティカの高校を卒業したばかりだった17歳のビアンカ・デヴィンズさん殺害容疑で、21歳のブランドン・クラーク被告が逮捕・起訴された。被告はニューヨーク市でのコンサートから帰宅する途中で、デヴィンズさんを殺害したと見られている。被告はデヴィンズさんの男性フォロワーを揶揄するメッセージを添えて、彼女の遺体写真をゲームチャットプラットフォームDiscordに投稿していた。

当初クラーク被告は、デヴィンズさん殺害に関して無罪を主張しており、数週間後に第二級殺人罪の裁判が行われることになっていた。しかし2月10日に主張を一転し有罪を認めたため、デヴィンズさんの遺族は裁判の重苦を負わずに済んだ。被告は懲役25年から終身刑が求刑されると見られている。

クラーク被告は法廷に現れ、有罪答弁を行った。そしてビアンカさんの好きな色だったピンクのTシャツを着た傍聴席の遺族に直接謝罪した。

「取り返しのつかないことをしたのだと自覚するべきだと思いますし、そうしたいと思っています」と、クラーク被告は法廷で述べた。「きちんと向き合うべきだと思います。彼女をご存じだった方々、彼女を愛していた全ての方々に申し訳ないと思っています。この事件でご迷惑をおかけした皆さん、彼女の無惨な姿を目にしてしまった皆さんにもお詫びします。謝罪だけでは足りないことはわかっていますし、それで自分のしたことが帳消しになるわけではないこともわかっています。お詫びしてもしきれません」

クラーク被告の母親ミシェル・クワリスキ・クラーク氏はFacebookのメッセンジャーでローリングストーン誌の取材に答え、自分たち家族はずっと息子が答弁を変えるだろうと思っていたと語った。「息子は私たちが法廷に来るのを嫌がっていましたが、罪を認めるつもりなのはわかっていました」

クラーク被告はデヴィンズさんとニューヨーク州クイーンズでニコール・ドールアンガンガーのコンサートを見た後、帰宅する途中で彼女を殺害したと見られる。警察は、コンサート会場でビアンカさんが他の男性とキスしているところをクラーク被告が目撃したのが動機だと考えた。だが被告の逮捕現場からナイフやロープ、その他いくつもの道具が発見された上、親戚宅には遺書と思しき手紙があったことから、警察は被告が前々から彼女の殺害を計画していたとも考えていた。


クラーク被告の量刑判決は4月に下される

以前ローリングストーン誌も報じたように、クラーク被告とデヴィンズさんは事件前にネットで知り合い、実際に会うこともあるくらいの友人関係にあった。彼女の母親も、チャーミングで礼儀正しい青年だという印象を受けていたそうだ。事件の朝、クラーク被告と思われる男が「悪いな野郎共、追っかけするなら他の子にしな」という見出し付きでデヴィンズさんの遺体の写真をDiscordに投稿。たちまち友人たちの間に恐怖と混乱が広がった。逮捕されたとき、クラーク被告はデヴィンズさんの遺体の上に横たわり、自殺未遂の様子をライブ配信していた。被告は一命を取り留め、第二級殺人罪で起訴された。

昨年12月、クラーク被告の監房から歯ブラシで作った手製のナイフが発見されたため、第一級所内禁制品取引罪で起訴された。クワリスキ・クラーク氏曰く、出廷はこの件に関してだったそうだ。「息子は正しいことをしたと思います」とクワリスキ・クラーク氏はローリングストーン誌に語った。

クラーク被告が投稿したデヴィンズさんの遺体の写真は、Instagramをはじめ多くのソーシャルメディアで拡散された。ビアンカさんの死後、母親のキム・デヴィンズ氏はこうした画像の拡散防止対策として、ソーシャルメディア各社に規約の改訂を呼びかけた。

「(私たちも)ほっとしました」と、デヴィンズ氏はメールでローリングストーン誌の取材に答えた。「裁判を耐え忍ぶ必要がなくなって本当に良かった」

クラーク被告の量刑判決は4月に下される。