【平塚】体の芯から温まる、無化調の本格スープカレー「ケムリカレー」

こんにちは! 平塚市のお隣、茅ヶ崎市在住の小野寺です。平塚を訪れたらぜひ立ち寄ってほしいスポットを紹介します。

今回は平塚駅西口から北に向かって徒歩4分のところにある「ケムリカレー」です。女性にも大人気のスープカレーを、湘南で食べたいと思ったらこちらを思い出してください。

ただおいしいだけでなく、無化調で体の芯から温まるのでおすすめですよ。それではケムリカレーの人気の秘密についてお伝えしていきますね。

無化調のスープカレー

まず冒頭写真のスープカレーは、「鶏野菜のスープカレー(1,100円 +税)」です。一番人気の十分に煮込まれた鶏に、同じく煮込まれた根菜、そしてピーマンやブロッコリーなど素揚げされた野菜がふんだんに使用されています。

ケムリカレーのスープカレーは無化調なので、健康に気をつけている人でも気にせず食べられます。かといって味に物足りなさはなく、辛すぎない(辛さは選べます)のに体の芯からじんわり温まります。

スープカレーを頼むと付いてくるのが目玉焼きご飯です。ガーリックチップとご飯、目玉焼きをスプーンに乗せ、スープカレーに浸して食べると完璧なバランスで楽しめます。

ちなみに、ケムリカレーでは100円引きで「ライスなし」を選ぶことができます。少食でも最後までおいしく食べられるのはうれしいポイントですよね。

移動販売もお店と同じクオリティ

ケムリカレーは平塚にお店を構える前から、車での移動販売を行ってきました。平塚の実店舗は2年目ですが、移動販売はもうすで に10年目に突入しています。

移動販売 は、毎週水曜 に茅ヶ崎駅南口の雄三通り入口付近で見かけることができます。また日曜には主に湘南エリアのイベントに出店していることが多いです。

移動販売でも無化調のスープカレーに素揚げされた野菜が乗せられているため、お店と変わらないクオリティを楽しむことができます。自宅では再現できない本格スープカレーをテイクアウトできるので、いつもファンのお客さんで賑わっています。

カレーはバランス

ケムリカレーの代表を務めるのは、白川清和さんです。お弁当屋さんを営む両親に育てられた白川さんは、自分で移動販売をやるために独学でスープカレーを完成させました。

「カレーってバランスが一番大事なんです。旨味、塩味、甘味、そしてスパイスの香りなどが、一番ちょうど良いバランスを目指しています」

白川さんにお店の今後について伺うと、多店舗展開も目指しているとのことでした。隣の茅ヶ崎出店や、スープカレーの本場・札幌への逆輸入も検討しているそうです。

白川さんのスープカレーが食べられる日程と場所は、ケムリカレーのブログでお知らせが出ます。どこで食べてもおいしい 本格スープカレーを、ぜひ堪能してくださいね。

ケムリカレー
住所:神奈川県平塚市紅谷町12-11 オザワビル1階
TEL:090-8034-2528
営業時間:11:30~14:30 (LO 14:00), 17:00~22:00 (LO 21:30)
定休日:月・水・日曜 ※土・日曜 はイベント出店の場合があるため、詳しくはブログで確認ください
公式ブログ:https://ameblo.jp/kemuri-curry/
Twitter:@kemuri_curry 
Instagram:kemuri_curry 

※記事に掲載した内容は取材日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はホームページなどで最新情報の確認をお願いします

「ARUHIマガジン地域レポーター」とは?
家探しの参考になる街の情報を「そこに住む人」の目線で発信する、ARUHIマガジンのオフィシャルブロガー・ライター。地元で愛されるグルメや注目のお店をはじめ、とっておきの穴場や子連れお出かけスポットなど、知って得する情報を発信中!

平塚の地域レポーター記事はこちら
【平塚】大型遊具が充実! 湘南の子育て世代イチ押しの「平塚市総合公園」 
【平塚】一番人気はサックサクのバター香るクロワッサン。行くたびに発見がある「Bopangerie nico」
【平塚】オリジナリティあふれる絶品カレーの「NEWROSE」 
【平塚】子ども連れ歓迎の本格カフェ「CAFE SABADO」 
【平塚】大正十二年創業。職人の手作りにこだわる、さつま揚げ・蒲鉾の名店「中秋蒲鉾店」 
【平塚】創業70年。手づくりの味を守る、昔ながらの居酒屋「亀善」 

執筆者:小野寺 将人