「名探偵コナン」の第970話「加賀令嬢ミステリーツアー(後編)」の一場面 (C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

 テレビアニメ「名探偵コナン」(読売テレビ・日本テレビ系、土曜午後6時)の第970話「加賀令嬢ミステリーツアー(後編)」が、2月22日に放送される。

 コナン、蘭、小五郎は、金沢旅行のさなか、身代金を運ぶ林マリという女性に会い、誘拐事件に巻き込まれる。しかし、この誘拐事件は、被害者と思われていた元友禅作家・犀川学の自作自演だった。事件は解決したかに思われた。

 ところがその後、学の雇い主だった呉服店社長の林壮一が襲われる新たな事件が発生。動機や目撃証言から、学が有力な容疑者となるが……。

 原作は、青山剛昌さんがマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載している人気マンガ。小学生探偵の江戸川コナンが、次々と起こる難事件を解決する姿を描く。