松重が扮した猫村さんはインパクト抜群

松重豊が、4月8日(水)からスタートする2分30秒のミニドラマ『きょうの猫村さん』(テレビ東京系、毎週水曜24:52~)で主演を務めることがわかった。松重は自身初となる猫の家政婦役に挑戦する。

本作は、ほしよりこによる累計330万部以上を誇る大人気コミックのドラマ化で、猫の家政婦である猫村ねこを主人公とした物語が展開。自分を拾ってくれた飼い主・ぼっちゃんとの再会を果たすため、猫村は家政婦として働いてお金を貯めることを決意し、村田家政婦紹介所の門をたたく。家政婦紹介所の長、村田の奥さんも家政婦志望の猫に戸惑うが、その家事能力の高さを認め、犬神家へ家政婦として奉公させることに。緊張しながら向かった犬神家は、とてもお金持ちのようだが、何やら問題を抱えているようで……。

『孤独のグルメ』シリーズなどでもお馴染みの実力派バイプレイヤー・松重が家政婦として働く“猫村さん”をどう演じるのかが見どころの一つ。今回のオファーについて、松重は「ほしよりこさんの描く世界観が好きで、安易に実写化など考えて欲しく無いと思う一人でした。しかし最初にお話を頂いてから何年か経ち、もう立ち消えになったかと思うと淋しく感じたものです」と心境を明かした。

また、猫村さんを演じる意気込みを聞かれると、自身も愛猫家であることに触れつつ、「うちの猫に聞いてみたのですが何も教えてくれません。猫は意気込みを語りません。今日、衣装合わせで鏡を見てるうちに、猫村さんを演じる自分が楽しくなってきました」と告白。

視聴者へは「『孤独のグルメ』をやる時に『酒場放浪記』をベンチマークにしました。今回は尺的にも質的にも、Eテレの『2355』がベンチマークです」とメッセージを伝えた。ちなみに、『2355』は毎週月曜から金曜の23時55分から放送されている5分間のミニ番組。

今回のドラマ化にあたって、原作者のほしは「原作のことは忘れて、キャストが豪華なドラマを楽しみましょう。音楽も楽しみです」とコメントを寄せた。

ドラマは全24回で、毎週地上波放送終了後、動画配信サービスのParaviでも配信される。