チェロキーが生まれ変わって登場!│さらなる実用性とプレミアム感を

仕様・装備を見直されたジープのミッドサイズSUV チェロキーが登場。

「チェロキー」は、卓越したオフロード性能と実用性の高さにより、長年に渡りジープの歴史を支えてきた中核モデルである。現行モデルは第4世代目にあたり、2018年10月のマイナーチェンジでは、新世代デザインが採用されると共に、装備が充実した。この度の仕様変更では、快適性や機能性が高められるなど、さらに実用性が高まったチェロキーへと進化を遂げているのだ。



グレード構成はこれまで通り、ベースグレードのロンジチュード、悪路走破性に優れたトレイルホーク、快適装備が充実したリミテッドの3モデルが展開される。

ロンジチュードとトレイルホークでは、シート表皮がファブリックからレザーへとアップグレードしたほか、フロントシートヒーターが追加され、快適性が向上。またリアシートのスライド機構やセキュリティアラーム(盗難発生警報装置)が新たに装備され、より実用的かつ安心してお乗りいただけるように。

加えて、ロンジチュードにはリアディープティンテッドガラス(後部プライバシーガラス)が新たに装備されているのも魅力だ。


モデル ※価格は税込
ロンジチュード (2.4リッター、9AT、4WD)449万円
リミテッド (2リッターターボ、9AT、4WD)496万円
トレイルホーク (2ℓターボ、9AT、4WD)499万円