氷室京介、GLAY、L'Arc…DAIGOが青春時代に聴いた「黄金ヒットナンバー3選」
DAIGOがパーソナリティをつとめ、健やかな暮らしをキーワードにお届けするTOKYO FMの番組「DAIGOのOHAYO-WISH!!」。2月16日(日)の放送は、DAIGOが青春時代やデビュー前によく聴いていた「黄金のヒットナンバー」をセレクトしてお届けしました。


◆氷室京介「ANGEL」(1988年7月21日発売)
DAIGO:リリース当時、この曲はもちろん知っていたのですが、まだ10歳くらいで。ロックという音楽に、そこまでずっぽりハマっていなかったんですね。BOØWYが1988年4月に開催した「LAST GIGS」東京ドーム2DAYSをもって解散して。その3ヵ月後に氷室京介さんがソロデビューして、シングルチャート1位を獲得しました。

でも僕は、後追いでBOØWYを好きになって。氷室さんも大好きです。氷室さんが1992年12月にリリースした「KISS ME」も1位を獲得し、123万枚も売れました。氷室さん最大のヒット曲です。当時は時代的に、ロックで1位を取るって、なかなかなかったんですよね。なので、すごく最高にカッコよかったですね。

当時、クラスメイトや学校の友達と「BOØWYってバンドがいたの知ってるだろ?」「ちゃんと聴いてみようぜ!」みたいな感じで、後追いで聴いて、BOØWYが大好きになりました。

そんな氷室京介さんに、DAIGO☆STARDUSTの「MARIA」という楽曲を提供していただいて、僕は2003年7月21日にデビューしました。氷室さんと同じ日にデビューさせていただきました。

氷室京介さんがいたから、「僕もロッカーになりたい」という志が芽生えました。デビュー曲も書いていただいて、永遠のカリスマであり、永遠の恩人です。BOØWY、氷室さんに影響を受けている方は、本当にたくさんいますね。

◆GLAY「誘惑」(1998年4月29日発売)
DAIGO:1998年の年間シングルチャート1位の楽曲です。このとき、GLAYさんは「誘惑」「SOUL LOVE」2枚同時リリースをして話題になりましたね。両シングルともミリオンヒットになるって、本当にすごいですよね。

僕もTERUさん、TAKUROさん、JIROさん、HISASHIさんと本当に仲良くさせていただいているんですけど、めちゃくちゃ懐が深く、本当に優しい大先輩で。信じられないですよね。CDを買っていた方々と、普通にライブに行ったり、仲良くさせてもらっているというのは。

そして、1997年10月にリリースしたベストアルバム『REVIEW ~BEST OF GLAY~』が、当時の歴代1位となる488万枚セールスを記録。スーパーウルトラヒットですよ。3月11日(水)発売の25周年記念アルバム『REVIEWⅡ ~BEST OF GLAY~』も、ぜひ聴いていただきたいと思います。

◆L'Arc-en-Ciel「HONEY」(1998年7月8日発売)
そして、なんといってもL'Arc-en-Cielさん。1998年にGLAYさんが「誘惑」「SOUL LOVE」2枚同時リリースした3ヵ月後に、L'Arc-en-Cielさんは「HONEY」「花葬」「浸食 lose control」を3枚同時リリースしました。

すごく話題になりましたよね。学生時代、「GLAY派」「L’Arc派」ってありましたが、結局どちらも聴いていて、どっちも好きなんですけど(笑)。当時、ロックバンドでそういうような社会現象が起こることってなかったので、改めてすごい存在だったなと思います。

L'Arc-en-Cielさんはもちろん、僕はhydeさんに本当にお世話になっていて。GLAYさん、L'Arc-en-Cielさんには、本当に多大なる影響を受けていますね。

次回2月23日(日・祝)の放送は、DAIGOがハマった「テレビドラマ・主題歌」特集をオンエア。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:太田胃散 presents DAIGOのOHAYO-WISH!!
放送エリア:TOKYO FM/FM OH!/@FM(FM AICHI)
放送日時:TOKYO FM:毎週日曜 9:30~9:55
FM OH!、@FM(FM AICHI):毎週日曜 8:30~8:55
パーソナリティ:DAIGO
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/wish/