テレビアニメ「大家さんと僕」のビジュアル=NHK提供

 お笑い芸人の矢部太郎さんのマンガ家デビュー作「大家さんと僕」がテレビアニメ化され、NHK総合で3月2日から5夜連続で放送されることが2月21日、分かった。

 「大家さんと僕」は、東京・新宿区の一軒家に暮らす矢部さんと、大家のおばあさんのほのぼのとした日常を描く。続編「大家さんと僕これから」を含むシリーズ累計発行部数は、120万部を突破している。第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した。

 アニメは、5分間のショートアニメで、主題歌を矢野顕子さんが担当する。作田ハズムさんが監督を務め、細川徹さんが脚本を手掛ける。ファンワークスが制作する。上川周作さんが僕(矢部太郎)の声優を務め、渡辺菜生子さんが大家さんを演じる。

 矢部さんは「アニメ『大家さんと僕』が皆様の中でいつまでも続く5分間になったらいいなあと夢見ています。(矢野さんの主題歌は)聴いた瞬間に魔法がかかりました。頭を少しぼんやりさせて聴かないと魔法にかかってしまうので気をつけて聴いています。それでも、またいつの間にか魔法にかかってしまいます」とコメントを寄せている。

 矢野さんは、主題歌「大家さんと僕」について「大家さんとマンガの中の矢部さんとわたしと、3人でデパ地下にお出かけしている気持ちで作りました」と語っている。

 3月2~6日の各日午後11時45~50分に放送。