北海道産マンゴー

大泉洋が、2月22日(土)10時30分から放送される『大泉物産展への道 発掘!究極の北海道食材』(札幌テレビ・日本テレビ系)に出演する。

北海道愛、とりわけ「食」に対する並々ならぬ思いを持つ大泉が、北海道の食材を集めた「北海道物産展」の開催を計画。“神バイヤー”の異名を持つ、大丸松坂屋百貨店の本田大助さんのアドバイスと、大泉自身の嗅覚で、ちょっと意外で抜群に美味しい北海道の食材を吟味していく。

真冬の道東・弟子屈町にやってきた大泉たち。ビニールハウスを覗くとそこにはなんと、マンゴーが! その名も、“摩周湖の夕陽”。マンゴーといえば南国のフルーツというイメージだが、なぜ北海道で、しかも真冬の時期に育つのか? 実は、“温泉”の熱を利用していたのだ。これは、全国有数の温泉地である北海道ならでは。さらにマンゴーが育つ土に、ウニの殻や昆布など、北海道ならではの“海産物”のエキスを混ぜ込んでいた。まさに“北海道”が詰まった「北のマンゴー」。その味は!?

次に網走の近く、大空町の牧場を訪ねると、約1000頭の見事な牛たちが。この牛は世界自然遺産の名を背負う黒毛和牛、その名も「知床牛」。この「知床牛」、飼料や草、飲み水は全て北海道産にこだわっているというが、これ以上に牧場がこだわっているのが、なんと演歌。演歌は「知床牛」のストレスを和らげ、気持ちを穏やかにするという。すると突然、大泉が演歌を熱唱し……。牛たちの反応はいかに? その後「知床牛」をいただくことに。焼くだけでなく、“お寿司”や“ふりかけ”など、新鮮な「知床牛」ならではの食べ方に喜び爆発!

驚きの新食材があると聞き、ミシュランの星をもらっているという日本料理店にやって来た大泉。さっそく、北海道産の魚介類や野菜が入ったスープを堪能すると店長から「このスープの中に新食材があります!」。それはアサリか? タラか? その正体は「海藻バター」。「海藻バター」は、北海道の新鮮な牛乳、そして道南・松前町産の真昆布や青のり等5種の海藻から作られている。現在フランス在住のお店のオーナーがフランスでこのバターを見つけ、「北海道の食材で作ったら美味しい海藻バターができる!」と一念発起。6年の歳月をかけて、昨年秋にようやく完成したという。

「これを使ったオリジナル商品を作ったら、美味しいものができる!」と、大泉はさっそく知り合いのベーカリーショップのシェフにオリジナル商品の開発を依頼。実はこのシェフ、先述のオーナーの海藻バター開発に携わっていて、バターの事は熟知していた。シェフを訪ねた大泉一行の前に現れたのは、海藻バターをふんだんに使ったスティック状の焼き菓子「海藻バターパイ」。その後、商品名やパッケージの絵もなど全てを大泉がプロデュースした「海藻バターパイ」を、大丸東京店の地下売り場で試験的に販売することに。大泉は陰でモニタリングするが、目も舌も肥えたお客さん相手に大泉のオリジナル商品は通用するのか?

大泉は「この番組で、海藻バターやマンゴー・知床牛など、まだまだ知らなかった北海道の新たな食材を発見できたことは自分自身とても楽しかったです。この番組で、“北海道の食の魅力を全国の人に向けてどんどんPRしていきたい”との思いを、改めて強くしました」とコメントしている。