200万円で買える本格的な子供のおもちゃ│ポルシェ レーシングマシン936

908/03 および 917/10で培った技術が投入されたポルシェ936は、ル・マン24時間で3度の総合優勝を獲得しているという名レーシングマシンである。
第一号車はマットブラックの塗装が施されていたことから”黒い未亡人(ブラックウィドウ)”と呼ばれていた。

1976年6月のル・マンでは、ジャッキー・イクス / ジィズ・ファン・レネップ組が総合優勝を飾る。翌1977年にもジャッ キー・イクス、ユルゲン・バルト、そしてハーレイ・ヘイウッドらが駆るポルシェ編隊が6台のルノー・ワークス勢を見事に抑えて優勝。936は 1981 年に再びル・マンに姿を表し、通算3度目の総合優勝という、これ以上ないカムバックを果たしたのだった。



そのボディは軽量高剛性のアルミニウム製 スペースフレーム・シャシー、そしてエアロダイナミック性能に長けたプラスティック製が採用されている。パワーユニットには、911 ターボ RSRに搭載され、最高出力540psを発生する 2.1リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンが選ばれた。

そんな936の子供用が存在する。これは2019年10月に開催されたオークションに出品されていたものだ。1985年に製作された1:2スケールで、ストラットン製のエンジンを搭載し5bhpのパワーだ。



ステアリングはラック&ピニオン式が採用されており、ディスクブレーキ、リアウィング、ヘッドライト、テールライトなども細かく再現されている。落札価格は1万3800ポンド(約198万円)だった。