松岡修造

元プロテニスプレーヤーの松岡修造が、2月22日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30~)に出演する。


現役時代は、闘志あふれる選手として日本のプロテニス界を牽引。1995年のウィンブルドンでは、当時、日本人男子選手として62年ぶりとなるベスト8入りを達成するなど、偉大な功績を残してきた松岡。引退後は、スポーツキャスターとして様々な競技大会で選手に熱いエールを送り、その“熱血キャラ”は瞬く間に浸透。新入社員による理想の上司ランキングでは「やる気を引き出してくれそう」という理由から、3年連続で1位を獲得した。自身を鼓舞した“修造語録”を綴った日めくりカレンダーは、累計発行部数100万部を突破するなど“日本の応援団長”として活躍している。

そんな松岡だが、みんなを明るくする表の顔とは裏腹に、自分自身は“ネガティブ”だという。「“できない”や“無理だよ”は、一番最初にやってくる。一言で言うと自信がなかった」と切り出すと「ボレーでミスしたら、自分にナイスショット! と言っていた」と、メンタルの弱さに苦悩した現役時代を吐露。「テニスは、決断しなきゃいけないスポーツ」と説明し、強くなるために取り組んだ“決断力を培う為のトレーニング”やメンタルの鍛え方をサワコに伝授する。

一方で、ジュニアの育成にも尽力する松岡は、18歳以下の全国トップレベルの男子選手を対象とした強化育成合宿の代表を務めている。番組では、11歳からその合宿に参加していた錦織圭選手との厳しい練習風景のVTRを紹介しながら、当時を振り返る。