レーシングカーから市販モデルへ│ポルシェ550スパイダーから受け継いだエンジン

レーシングカーのために開発されたテクノロジーが市販モデルへ応用されることは、ポルシェの伝統といえよう。そのうちのひとつを紹介。

1953 ミッドシップエンジン
550 スパイダー>904
ポルシェがモータースポーツへの参入を決定したのは 1952年のことだった。シュットゥットガルト・ツッフェンハウゼンでは、その2年前から356の製造が行われていた。しかし、この決定を受けて、ポルシェのエンジニアチームはさっそくアルミボディをまとうスパイダーの設計をスタートした。後に 550Aスパイダーとして世に出るこのクルマの心臓部には、垂直シャフトで駆動する4本のオーバーヘッドカムシャフトを備えた空冷式水平対向4気筒エンジンが採用され、ミッドシップに搭載された。

このパワートレインのレイアウトは生みの親にちなんで ”フールマン・エンジン” と名付けられることに。圧倒的な俊敏性と高いドライビングダイナミクスを実現し、最高出力は110ps ながら最高速度は220km/hを発揮し、1953年のニュルブルクリンク 24 時間では初参戦、初勝利という輝かしい歴史を刻んだ。

そして、この駆動コンセプトは 10年後に少量生産された 904 カレラ GTSに受け継がれ、1969年から1976年にかけて ”ワーゲン・ポルシェ” というニックネームで親しまれた 914 でロードカーとして花開くことになる。そしてさらに20年後、1996 年に登場したボクスターは、”水平対向エンジン搭載の2シーター ミドシップ カブリオレ” というキャラクターを昇華させて大成功を収め、クーペモデル(ケイマン)を派生させながら今日のポルシェに至っているのである。