ルウト、内田理央

ジェンダーレスな美しさが魅力のルウトと女性向けセクシービデオで人気の男優・長瀬広臣が、内田理央主演のドラマパラビ『来世ではちゃんとします』(テレビ東京系、毎週水曜25:35~)の第7話(2月19日放送)にゲスト出演する。

本作は、「グランドジャンプ」(集英社)にて連載中のいつまちゃんによる同名作が原作。恋に悩む女性たちから共感の声が殺到している、SNS世代に絶大な人気を誇るコミックスの実写ドラマで、性をこじらせたイマドキ男女の赤裸々ラブエロコメディ。テレビ東京のドラマ初主演の内田は、今作で5人のセフレがいる性依存系女の大森桃江を演じる。そして、桃江が働くCG制作会社「スタジオデルタ」の個性豊かな社員達を、太田莉菜、小関裕太、後藤剛範、飛永翼が演じるほか、彼らを取り巻く登場人物として、ゆうたろうのほかに、中川知香、小島藤子、塩野瑛久が出演する。

<第7話あらすじ>
「スタジオデルタ」のチームリーダー檜山トヲル(飛永)の元へ出版社から漫画家デビューの誘いの電話が来る。10年前に諦めた夢が叶うと喜ぶ檜山だが、副業で稼ぐ余裕がなくなることで大好きな風俗嬢・心(中川)に会いに行けなくなるのではないかと思い踏み切れずにいた。「これが最後かもしれない」と心に会いに行く檜山だったが……。

また、どうしても男性と恋愛できない高杉梅(太田)は、女性なら好きになれるかもしれないと大森桃江(内田)を誘いレズビアンバーへ行く。しかし、梅は女性に対しても拒否反応が出てしまう。一方、桃江はバーで出会った女性・聖羅(ルウト)といい雰囲気になり……。