佐藤寛太

中村倫也が主演を務める4月期日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)。このほど、中村演じる明智五郎LOVEのエリート新米刑事役に劇団EXILEの佐藤寛太が決定した。

原作は、『海月姫』『主に泣いてます』(フジテレビ系)、『偽装不倫』(日本テレビ系)など数々のヒットを連発し、『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)ではアラサー女性を共感の嵐に巻き込んだ、東村アキコが手掛ける初のサスペンス漫画「美食探偵―明智五郎―」(集英社「ココハナ」連載)。本作は、容姿端麗だが、超超変わり者の美食家探偵・明智が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”。脚本は田辺茂範、演出は菅原伸太郎、水野格らが務める。これまでに、小芝風花、小池栄子、北村有起哉の出演が決定している。

佐藤が演じる高橋達臣は、警視庁捜査一課の警部補で、上遠野警部(北村)の部下の新米刑事。推理力と見目麗しさを併せ持つ明智に憧れており、明智に聞かれると捜査内容をペラペラしゃべってしまう。実は東大出身のキャリアで出世コースを歩むエリート。

役作りについて佐藤は、「中村さんが本当に素敵な方なので、僕が中村さんのことを好きだと思う感情をそのまま出して演じています」とコメント。果たして、明智への思いは実るのか!? 高橋と明智、二人の微笑ましいやりとりにも注目だ。

なお、番組公式ツイッター(@bishoku_ntv) では、番組アカウントをフォローし、キャンペーンツイートをリツイートした方の中から抽選で2名に、佐藤のサイン入りチェキが当たるプレゼントキャンペーンが実施される。

<佐藤寛太 コメント>
――役柄について。

警視庁捜査一課の新米刑事で、北村有起哉さん演じる上遠野警部の部下を演じます。キャリア組でエリート街道を進んでいるので、上遠野よりも自分の方が優れているぞ……という生意気な気持ちもありつつも、上遠野とうまくやっています。そして、明智さんLOVEなので、明智の言うことは何でも聞いてしまうという役柄です。中村さんは気配りも凄いですし、話しやすいですし、本当に素敵な方なので、僕が中村さんのことを好きだと思う感情をそのまま出して演じています。

――原作について。

もともと東村アキコさんのマンガのファンでした。だからまさか東村作品の実写化で、自分に役を与えていただけるなんて……。クランクインの日には、東村さんがいらっしゃっているわけでもないのに、気合いが入りすぎてちょっと緊張してしまいました(笑)。原作の印象は、キャラが濃くて、ボケが大渋滞しているな……と(笑)。でも、巻き起こる事件がシリアスで、事件を解決していく方法や、それぞれの被害者、加害者の心情がよく描かれていると感じました。お互い人間なのだな……というのが本当によくわかる、ハートフルで人の心に刺さるマンガです。

――視聴者へのメッセージ。

僕が演じる高橋は、とにかく明智さんと一緒にいることが楽しくて、事件が起こる度に、何かと口実を作って明智さんに会いに行くようなとんでもない刑事なのですが、本当に憎めないキャラになっています。巻き起こる事件に注目して頂きながら、僕と明智さんの恋の行方にも注目して頂けたら嬉しいなと思います(笑)。是非よろしくお願いします。

<情報・制作局、荻野哲弘プロデューサー コメント>
東村アキコさんの原作をドラマ化させていただくにあたり、叩き上げの警部・上遠野と東大卒のキャリア警部補・高橋のコンビに色を加えることが肝要だと強く思いました。なので、北村さんにはバリバリの土佐弁を駆使していただき、佐藤寛太さんには中村倫也さん演じる明智五郎へのLOVE路線を強化していただくことにしました。佐藤さんがコメディの素養をお持ちなのは、我らが小芝風花さんが主演を務めた『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』での振り切った演技を拝見して確信していました。佐藤さん演じる高橋刑事は、回を追うごとに明智への募る思いが昂じて、“ある行為”をおねだりするようになります。それがどんな行為なのか、楽しみにしていただければと思います。先日行った本読みの時、自分のセリフがないシーンでは、椅子から腰を浮かせてセリフを読む他のキャストを、ニコニコと興味津々に覗き込む佐藤さんの邪気のない姿に、つい吹き出してしまいました。そんな佐藤さんの地の魅力を引き出せることを願ってやみません。