上段左から、安藤美姫、高岸宏行、別府ともひこ、團遥香、春日俊彰。下段左から、川島海荷、岡村隆史、田中直樹

岡村隆史(ナインティナイン)、田中直樹(ココリコ)、川島海荷がMCを務める『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)の3時間スペシャルが、2月24日(月)の19時から放送される。今回は、人気企画「脱出島」と新企画「洞窟王」の2本立て。「脱出王」には安藤美姫と高岸宏行(ティモンディ)、「洞窟王」にはAYA、別府ともひこ(エイトブリッジ)、春日俊彰(オードリー)、團遥香が挑戦する。

同番組は、地球に溢れる「絶対見たくなるお宝」を見つける“驚き発見バラエティ”。今回はスタジオゲストとして、あばれる君、伊沢拓司、澤部佑(ハライチ)、田中美佐子が出演する。

無人島を脱出して有人島を目指す「脱出島」は、4度目の挑戦となる安藤と、初挑戦の高岸が対決。「水と食料以外であれば45リットルまでリュックに入るものなら何でも持ち込みOK」という新ルール「ワンバッグシステム」をどう活かすのかが、脱出の鍵となる。

豊富な経験から、水の濾過装置などのサバイバルアイテムをセレクトした安藤に比べ、高い身体能力を持つ高岸は、リュックの半分以上が秘密兵器。おおよそ無人島生活には無縁そうなアイテムを高岸がどう使いこなすのかに期待したい。

過酷な挑戦を振り勝った安藤は「手作りの船で海に出たら、これまでにない風と波で本当に怖かった。でも、船酔いしながら撮影を続けるスタッフの皆さんと、家で待つ娘の応援に力をもらいました。転覆もしたけれど、ミスしたときはまず冷静になって気持ちを切り替える。そして自分は一人じゃないと思うことが大事」と、フィギュアスケートを彷彿とさせるベテランならではのコメント。

一方、超ボジティブシンキングが持ち味の高岸は「すべて楽しめました。冒険に大切なのは挑戦する気持ちを持ち続けること。失敗は成長へのステップです。恐れずどんどん失敗して、脱皮して、そうやって成長していけば、みんな良いアナコンダになれます」と、独特の世界観を披露していた。

また、新企画の「洞窟王」では、春日&團ペアと、AYA&別府ペアが対決。スタッフから手渡される地図を頼りに、洞窟内を探検し、奥地に設置された宝箱からゴールが記された地図を見つけ、そこへ早くたどり着いたほうが勝者となる。ゴール地点には見たこともない“絶景”が待っているとあって、4人ともアクセル全開。人間がギリギリ通れる岩の割れ目や水たまりなどの難所をくぐり抜けならがら、洞窟内を探検していく。

作曲家・團伊玖磨の孫で“お嬢様”の團は、今回のチャンレンジについて、「洞窟、楽しい! 新しい趣味を見つけた気がします。ほかの洞窟にもたくさん入ってみたい」とニッコリ。ペアを組んだ春日は「相手がお嬢様と聞いていたので、今日は春日の仕事が多くなりそうだと思って臨んだら、お嬢様が洞窟レポートまで上手にしていた」と、團のポテンシャルにびっくりしていた。

また、鍛え抜かれた肉体を誇る人気トレーナーのAYAと、天然キャラ全開でどこか頼りない別府が過酷な環境下で見せるコンビネーションにも注目だ。