青木志貴さん

 人気ゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」の二宮飛鳥役などで知られる若手声優の青木志貴さん。自身を「ボク」と呼ぶ“ボクっ娘”で、“魔王”のニックネームで「League of Legends」などのオンラインゲームをがっつりやり込むコアゲーマーという異色の経歴も併せ持つ青木さんが、その独自の視点で自身の歩みやさまざまな思いを語ります。

 ◇

 こんにちは! 随分気温が暖かく感じるようになってきて、そろそろ花粉対策をはじめなければなぁと思っている青木です!

 先日バレンタインデーだったわけですが、皆様はどのように過ごされましたか? ボクはツイッターのトレンドのバレンタインという単語を見るまで完全に忘れていました!(笑い)。バレンタイン翌日からシンデレラの大阪公演だったのと、最近力を入れているYouTubeのことで頭がいっぱいでした。

 YouTubeといえば、1年くらい前でしょうか。以前このコラムでYouTubeを頑張るぞー的な意気込みを書いていた気がするのですが、その後忙しかったこともありパタリと更新しなくなって半年以上経過しておりまして……。そろそろYouTube頑張らなきゃ~と思いながらもライブだったり日々の仕事でなかなか編集する暇もなく、撮影する気もなかなか起きず……みたいな気まぐれの本領を発揮してました。

 しかしながら昨年末あたりからぽつりぽつりとYouTube活動を再開し、今年に入って1月14日の自分の誕生日以降から人が変わったかのようにYouTubeを頑張っています(笑い)半年以上放置されていたチャンネルが、今現在では約2日に1回の更新ペースを崩さず1カ月ぐらい経過しました! 朝早く起きて仕事前に動画編集する生活になっているので、おかげで生活リズムも人間らしいものに…(笑い)。青木、心を入れ替えたのです……とか言ってる1カ月後にはどうなっているかわからないのですが……(笑い)。

 なぜ急に更新を頑張りだしたのかというと、もちろんずっと「YouTubeやらなきゃ~」と思っていたのもあるのですが、自分なりに発信したいこと、やりたいこと、さらにYouTubeからつなげたい夢や、この先のビジョンが正確に見えてきたからかなと思っています。もちろん今までも自分のやりたいことを自由にやってはいたのですが、青木志貴らしさというか、ボクだからこそできる内容の動画を作れていなかったような気がしていて。良くも悪くも「普通」みたいな(笑い)。「ボクじゃなくてもいいよなこれ」って思う内容だった気がします。

 今年の1月で30歳を迎えて、節目ということもあり、今までに話したかったけどなかなか言えなかったことや、自分の本音、そして伝えたいこと。そういうものをそろそろ隠さずさらけ出して良いのではないかと思いました。ボクが実際に体験してきたこと、ボクだからこそわかること。そういったものを発信して、今まで言うことのできなかったボクという人間そのものについて知ってもらえたら。そう考えました。そしてYouTubeという広いフィールドで、ボクのことを知らない人や今まで興味がなかった人たちに見てもらえたらいいなという思いがあります。実際、休止前のボクのYouTubeを見てくださっている方のほとんどが元々ボクのことを知ってくださっている方だと思います。いつもたくさんの応援をしてくださって本当にありがとうございます! 皆さんがいないと今のボクはありません。

 ただ、YouTubeという新たな場所に立ってみて、全くボクのことを知らなかった人たちの目に留まらないとYouTubeでのこれ以上の発展はないのかもしれない、と考えたのが昨年の夏ごろでした。自分のことをYouTuberと呼ぶにはまだまだ力不足なのですが、実際に見ているだけでなくYouTubeで発信する側に立って初めて気付けることがたくさんあって。本当にこの世界の厳しさや難しさ、やりがいを感じました。

 誰でも気軽に始められるYouTube。でもそこで人気になって輝ける人はほんの一握り。YouTuberなんて楽な仕事だとか思われる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、全然楽じゃないですよ!!(笑い)。楽だと思うならどうぞ自分でやってみてください、と言いたいです。努力せず成功するものなんて存在するのでしょうか? たまたまラッキーで動画がヒットしても、よほどその人自身にとてつもない才能や魅力がない限り、一発屋で終わる気がします。1年くらい前ボクもそんなラッキーな動画がひとつあったのですが、その後は思うように続きませんでしたから(笑い)。

 ネタを考えて、撮影して、編集する。それだけでもかなりの時間や労力が必要なのに加えて、しっかり頭を使わないとだめなんだなと感じました。ボクの場合、事務所の人はノータッチでYouTubeの全てを自分でやっているので自由に発信できる分、責任も全部自分にありますし。好きにやらせてもらえてることにも感謝です。特に現在たくさんのYouTuberさんがいて埋もれやすい環境だと思うので、なんとなくやってるだけじゃ絶対に無理だろうなぁと。休止する前の、ちょうど1年くらい前のボクは、YouTubeの活動に対して「どうすればたくさんの人に見てもらえるか」「この動画は何が良くて、この動画は何がだめだったのか」などなど、たくさんの人に見てもらうことを意識しての動画作りはできていなかったと思います。

 それらを改善し、チャンネルを成長させるためにまず今まで以上にたくさんのYouTuberさんの動画を見ました。自分の好きな方だけでなく、今までに見たことがなかったけど人気のある方や炎上することもあるけどかなりの人気がある方、逆にYouTubeを始めたばかりで再生数が2桁とかの方や、長く続けてるけどあまり再生数や登録者数が伸びていない方。本当にたくさんの方の動画を見て、自分なりにデータを収集し、どんな動画が人気でどんな動画が伸びにくいのかなどなど、本当にたくさんのことを考えてたくさんの発見があったんです。

 そうして自分なりにデータを収集していくうちに、ある程度の道筋や「最低限これは必要!」みたいなものが見えてきました。そしてYouTubeを始めたばかりの方のチャンネルを見て、「この人はすごく人気が出そうだな」とか、「この人はここをこうした方がもっとたくさんの人に見てもらえそう……」など、なんとなくわかるようになってきて。実際伸びそうだなと思っていた方が1カ月でかなりチャンネル登録者数が増えていたことが何度かありました。これらのことがあって、YouTubeで発信する側に立って気付けることもあれば、客観的に視聴者側に立って動画を研究することもかなり重要だな、と強く感じました。

 そして今年に入ってチャンネルの再始動。まだまだデータ不足な部分がありますが、一年前よりきちんとYouTubeと向き合って考えることができたおかげで、再始動してから1カ月で、ありがたいことにチャンネル登録者数が1万5000人以上増え、気が付けばチャンネル登録者数が5万人に!(本当にありがとうございます!!)。未熟ながらも自分なりに考えて作ってきたことは間違いではなかったのかも?と思えた瞬間でした。

 特にうれしかったのは、再生数が伸びることはもちろんなのですが、「YouTubeを見て初めててボクのことを知りました!」という方がめちゃめちゃ増えたんです! ボクが一番悩んでいた、「ボクのことを知らない人たちに見てもらうにはどうしたらいいか」という部分が少しずつクリアになってきているなと感じました。狙い通り、というと少し計算高くてビジネス的に聞こえてしまうかもしれないですが、やはり自分が考えていたやり方は間違っていなかったんだと、結果として表れてくれた気がしてとにかくうれしかったですね。

 ただ、数字稼ぎのためだけを考えて動画を作っているわけじゃないよ、ということは主張しておきます! 動画の内容はまぎれもなくボク自身が本当に発信したかったこと、知ってほしかったけど今まで言えなかったこと、そしてやりたかったことです(もちろんメーク動画などのYouTubeコンテンツとしてのセオリーや人気動画の傾向を押さえることは大前提として重要なので、そういった動画も並行して継続しますが!)。

 見てくださる方が徐々に増えていくと、また動画更新がんばろう!って思えるんですよね。だから今ちゃんとコツコツ更新できていて、皆さんのお陰でやる気を維持できています(笑い)。YouTubeに限らず、自分がした行動に対して何かしら反応がもらえないと、人間ってそれらの行動に対して無意味だと感じてしまう傾向があると思うので……。数字至上主義ではないのですが、やっぱり明確に数字として見えてしまう世界なので、再生数やコメント数、高評価がたくさんもらえると「頑張ってよかった! 次も頑張って動画作ろう!」って気合が入りますし、逆にあまり結果として動画の伸びが悪いと「なにがあかんのやーーー!?」ってしょんぼりしてしまうことも……(笑い)。特にやっぱり皆様からの動画に対するコメントを見ている時間が一番考えさせられるし報われる瞬間でもあります。

 そんな感じで、1年前の「とりあえずやってみたかったし、楽しければオッケー!」のノリから、YouTubeをコンテンツとしてちゃんと考え直して再始動した青木のYouTube近況でした。また、以前話していた「飲み屋さんを開きたい」という目標も、YouTubeを絡めていけばもっと楽しいことができるのではないかと思い、早速新たな目的もできたので、それの達成に向けてさらに頑張っていきたいです!

 YouTube始めたばかりの頃は絶対無理やろ~なんて思っていたひとつのハードル、登録者10万人。ひとまず今はそこを目指して、ボクだからこそできる動画、そして楽しんでもらえる動画を作っていきたいです! 10万人達成して銀の盾もらうんやーーー!(笑い)。とりあえず自分的に限界を感じたり、これ以上は無意味だと感じない限りはこれからもこのペースを維持し続けながらコツコツと頑張りたいと思います(個人的に一番心配なのは気まぐれ病だったりYouTubeそのものに飽きてしまうことですが……)。これを読んで少しでもボクのYouTubeに興味を持ってくださった方がいらっしゃいましたら、ぜひ見ていただけるとうれしいなぁと思います。これからも青木志貴のYouTubeチャンネルをよろしくお願いします!

 ◇プロフィル

 あおき・しき 1月14日生まれ。162センチ、AB型。「アイドルマスターシンデレラガールズ」の二宮飛鳥役など。声優、タレントと多方面で活動中。ゲーマーとしても「魔王」の愛称を持つコアゲーマー。