クラシックカー乗りの「アシ」に最適な車は?輸入車12台を乗って比較!

クラシックカーライフの達人を自負する人でも普段から古い車を使い倒すという方は少ない。本人がそうだとしても家族総出で旧車という例など寡聞にして知らない。たいてい趣味と実用を分ける。じゃ日々のアシは何でもいいかというとそうでもないあたりが趣味人のややこしさ。貴方の”アシ”に最適な一台を見つけてみましょ。< 文:西川淳 > 


ジープ レネゲード トレイルホーク


☆魅力的なポイント:強面の多いSUV界にあって珍しくお茶目なルックス。
★改善してほしい!:内装が古くさい。ジープらしい無骨さともいえるが。



70年代アタマまでの丸いヘッドライトをしたアメリカンマッスルの横にちょこっと停まっていたりするとかわいいと思う。ホント丸い目って、今やレア。みんな怖い目になってしまって手当たり次第にあたりを睨みつけているから。古い車好きにはきっと心地いい顔つきだろうし、ジープな感じも上手く継いでいる。サイズも価格も◯。新マルチエアエンジンも良し。アメ車ファンに限らずセカンドカーはもちろん家族ユースにも最適。


ランボルギーニ ウラカンEVO クーペ


☆魅力的なポイント:大排気量のV10NAエンジンを味わう最後のチャンスかも!
★:ランボルギーニなのにドアが上に開かない、と言われる。



ミウラとかカウンタックなどクラシコランボの横にあってもいいけど、戦前のスポーツカーを乗り回しているような猛者から”実は日ごろウラカンを転がしてましてね”、なんて言われたほうが衝撃的にカッコいい。スポーツカーの原点=当時のハイテクを味わう方にこそ、最新のテクノロジーにも興味をもって体験して欲しいと思う。大排気量自然吸気エンジンのミドシップなど、もはや新車で味わえるのはランボルギーニだけ。最後の機会。


キャデラック CT6 プラチナム


☆魅力的なポイント:後席に乗り込みやすい。フォーマルセダンとして実に優秀。
★改善してほしい!:ラグジュアリィブランドとして何が売りか、見えづらい。


クラシックカー乗りにはきっとセダン好きが多いはず。実用車にもそれなりのドライバビリティを求めつつ人も荷物も快適に運びたいとなれば、依然として大型サルーンはアリ。かといってドイツプレミア3やジャガーあたりはもう乗り飽きた、という方にこそオススメ。何しろ乗り味は最早アメ車というより欧州車。それでいてリアドアをしっかり乗りやすい形状にするなどアメリカンラグジュアリィの機能を継承する。欧州車オルタナティヴ。


ボルボ XC60 T8 インスクリプション


☆魅力的なポイント:居心地のいいリビングギアのようなコクピットデザイン。
★改善してほしい!:XC60に特有のマイナス点はこれと言ってないかも……。



最近のボルボはデザイン性と走りの確かさ、総合的な信頼感で秀でている。世界中の有名ブランドからスタッフを引っ張って開発したのだから、どのモデルも”良いとこどり”だ。それゆえ敢えて言うべき欠点が見当たらない。クラシックカーには見向きもしない家族でもボルボのSUVなら心地よく乗ってくれそうな予感がある。ボルボのクラシックは目立たないから、逆にどのブランドと並んでも雰囲気を壊さない。すべてのクラシックカー乗りに!



ポルシェ パナメーラ GTS スポーツ ツーリスモ


☆魅力的なポイント:シューティングブレークってカッコいいし使い勝手に優れる。
★改善してほしい!:ポルシェなのに大きい。狭い街中では苦労するサイズ。



これでキャリアカーを引っ張って、それこそ356 PreAあたりを積んでいるだけでサマになる。もしくはレーシングカー。たとえばこんな緑をファミリィカラーに選ぶとしよう。小さなフォーミュラとかを同じ色に塗ってミニサーキットに出掛ける、なんて想像しただけでもシビレる。SUVのカイエンでもいいけど(実際そのように使われている)、シューティングブレークスタイルという貴族的記号性が夢の世界をまた大きく広げてくれそうだ。

アウディ Q8 55 TFSI クワトロ


☆魅力的なポイント:大型のSUVにありがちな無骨さがなくとてもスタイリッシュ。
★改善してほしい!:Q8に限らず大型SUVは高価なだけにリセールバリューが心配。



アウディのSUVって広範囲なクラシックカー乗りに似合いそう。メルセデス・ベンツやBMWと違って威張ったところがないし、ブランド的にもどこか中立的なイメージで。もちろんポルシェ乗りとかが持っていると”あ、そういうことね”と納得もするけれど、だからといってビートルやヴァンダラー、DKW乗りに似合うかというとそうでもなさそう。どちらかとユニセックスなラグジュアリィさが売りだからブガッティやランボルギーニとの相性が、やらしいけど良い。


フォルクスワーゲン ティグアン TDI 4MOTION ハイライン


☆魅力的なポイント:とにかくVW系モデルのハンドルの感触は素晴らしい。
★改善してほしい!:スタイルにせよインテリアデザインにせよ、マジメ過ぎ。



クラシックカー乗りご本人というより、ご家族にあてがって安心、というクルマ。VWですから!もっともティグアンから後のSUVはちょっと”お遊び”が入ってきたので、個人的には乗り手の気がポップになって妙に緩んだりしないか心配。質実剛健さはいつだって冷静なドライブを促す。そういう意味ではファッショナブルな車に乗るより、走りはもちろん内外装もマジメ過ぎるくらいの方が安心して乗せておけることができるかも。家族想いに。


BMW   320d xDrive ツーリング Mスポーツ


☆魅力的なポイント:とても便利な開閉式リアガラスゲート付き。乗って楽しい実用車。
★改善してほしい!:かなり良くはなったけれど、それでも気になる低速域の乗り心地。



長距離移動をよくするという方にとって、3シリーズツーリングのディーゼル4WDは最高の選択肢のひとつだと思う。なかでもクルマ運転好きにはこれ以上の実用車は他にないんじゃないか。燃費よし、乗って楽し、実用性高し。車趣味人のアシ車として大事な三拍子が揃っている。クラシックカー乗りは運ぶ荷物も多い。サポートカーとしても優秀。これならサポータードライバーも機嫌良くラリーに付き合ってくれるんじゃないかしら?



ジャガー I-PACE HSE 


☆魅力的なポイント:新しい乗り物感があってワクワクする形と性能。新ジャガーらしさ。
★改善してほしい!:満充電から400キロは走るだろうが、関西までは無給電で行きたい。



エンジンカーでは成立しないパッケージングとパフォーマンスさえあれば、エンジン好きだってEVを受け入れる覚悟も芽生える。まるで空力の良いスポーツカーのように路面を舐めながら走るサマはSUVではあり得ないし、サルーンにだって難しい。すべてに新しいことが、かえって古い車好きにも◯じゃないか。クラシックカーで存分ガスを吐く人には”ひとり議定書”を結ぶ意味でもBEVには注目して欲しい。すべてのクラシックカー乗りにオススメ。


ルノー ルーテシア R.S. トロフィー ファイナル


☆魅力的なポイント:硬いが素晴らしい粘りをみせるツウ好みのアシ回り。
★改善してほしい!:シンプルだと褒めるにはあまりに無愛想なコクピット。



これ一台でも十分にマニアックなカーライフを送ることができるというもので、運転を趣味で楽しむという意味ではクラシックカーとさほど変わらない気もする。もっとも、ニンブルなハンドリングとパワフルなエンジンを気兼ねなく試すことができるという点で、クラシックカーとはまた次元の違う面白みがあるのかも知れない。スパルタンな仕立てだがクラシックよりはよっぽど実用にも使える。普段乗りから運転を楽しみたいという向きに最高だ。


テスラ Model 3 


☆魅力的なポイント:従来の乗用車の概念を覆すiPhone的なデザインとコンセプト。
★改善してほしい!:バッテリーシステムや車体そのものの耐年使用性に不安あり。



趣味で爆音と排気ガスを撒き散らす身としては普段乗りくらい静かにそしてクリーンに走りたいという希望はあるはず。航続距離やルート選択の不安など、そんなことの経験は豊富。そう、BEVはクラシックカー乗りとの相性が大変よい。次世代の乗り物でもいっちょ試しておこうか、というふうにカジュアルな感覚で小さいテスラには乗って正解。ガラケーからiPhoneくらいの衝撃はあるはず。日々の移動だけならもうこれで十分という気にはなるだろう。


DS オートモビル DS7 クロスバッグ グランシック Blue HDi


☆魅力的なポイント:これまでの常識を覆すインテリアデザインの妙味。
★改善してほしい!:シトロエンではなくDSというブランドバリューの曖昧さ。



DSという名前の響きがすでにクラシック。けれどもマニアのよく知るDSとは名前以外に共通点はなく、アヴァンギャルドな内外装デザインに同じ匂いを何とか嗅ぐことができる程度である。奇抜なデザインながら至極真っ当な走りをみせるから、シンプルなオープンカー乗りのセカンドカーという具合に対照的なパートナーシップを築くというのも面白い。何にせよほとんど知られていないブランド名ゆえ、マニア用としてはかえって重宝するかも。



今回はJAIA(日本自動車輸入組合)の主催する毎年恒例の大試乗会に参加し、数あるガイシャの中からクルマ趣味人のセカンドカーに面白そうなモデルを選んで試乗した。一日でこれだけの台数を試すといろんなことが分かってくるけれど、イチバンはやっぱりこれ。「ブランドごとに個性があってガイシャって面白い!」。参考にしていただければ幸いです。