歌手の和田アキ子が、16日に放送されたTBS系バラエティ番組『アッコにおまかせ!』(毎週日曜11:45~12:54)で、覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された歌手・槇原敬之容疑者に新曲の制作を依頼していたことを明かした。

和田アキ子

和田アキ子

番組では「槇原容疑者の“栄光と闇”」と題して、特大ボードで事件の概要と実績を振り返った。その冒頭、和田は「言っていいと思いますけど、去年から私の新曲をお願いしてたんですよ」と打ち明け、楽曲イメージは「大人が歌えるミディアムテンポで優しい歌詞で勇気づけられる」曲だったという。

槇原が30周年を迎えることもあって事務所側も快諾してくれたそうで、「(アイデアが)湧いてくるとピュッと書けるんだけど、悩んじゃうと結構かかる」と事前に予告されていたことも了承。「レコーディングを今頃して春ぐらいまで」とリリースのタイミングまで決まっていたようだ。

「(新曲が)できていたら、ショックでしゃべれないと思う」と現時点で楽曲が完成しているのかも聞かされていない様子の和田。「このニュースを2月13日に聞いたんですよ」「ショックでショックで。なんで……」「残念」と肩を落としていた。