大和田南那、20歳の野望「もっと外に出るように……習い事からはじめたい」

2017年にAKB48を卒業後、女優・タレントとして活動を続けている大和田南那。昨年9月に発売したファースト写真集「りすたあと」は当初の想定を上回る予約が殺到、重版がかかるなど話題を呼んだ。彼女がこの1年の活動を振り返った『月刊エンタメ』3月号掲載のインタビューを、グラビアカットとともにお送りする。
──今回は作家見習いの女の子みたいなイメージで撮影してみました。

大和田 今日のような設定や、しっとりした感じの撮影って普段はあまりないので新鮮でした。大人になったなあって思いました(笑)。

──前回の登場が約1年前。この1年間はどうでしたか?

大和田 ハタチになりました。でも、今のところは大人になった自覚がないというか。あっ、昨年の忘年会でお酒で乾杯したときに、大人になったんだなあって思いました!

──お酒は飲んでみてどうでした?

大和田 あんまり好きじゃないかもって思いました。味もそんなに美味しくないなあって。たぶんお酒に弱いんだと思うので、ぜんぜん飲んでいないんですけど、お酒がご褒美っていう大人の方を見ると憧れますね。コーヒーみたいな感じで、いつかは私も楽しんで飲めるようになるのかなあ。なので、イメージしてた「ザ・大人」にはなれていないですね(笑)。

──お仕事でいうと、写真集も話題になりました。

大和田 撮影はめちゃめちゃ楽しかったです。もともとグラビアの撮影が好きなんですけど、雑誌の撮影ではできないようなゆったりと時間を使いながら撮れたのもすごく楽しかったです。



──バラエティ番組への出演も多くなりました。

大和田 『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)のようにもともと知ってるメンバーと出させていただくときはリラックスしてできるんですけど、1人で出させてもらったりすると、まだ不安の方が大きいですね。考えながらやっちゃっているので、楽しみきれていないというか。何か言おうと思っても、ここで言っていいのかなとか、緊張しちゃうんです。今年はもっといろんな番組に出させていただいて、もっと楽しめるようになれたらいいなと思います。

──ハタチになってあらためてやってみたいお仕事は?

大和田 お芝居のお仕事が好きなので、ハタチになったからこそできるような役に挑戦してみたいと思います。自分でよく観るのが不可解事件みたいなミステリーものが多いので、自分の体力を削って演じるような役を演じてみたいです。

──プライベートでやってみたいことは?

大和田 オフの日は家からほぼ出ないんですよ。アニメ観たり、ゲームをやったり。めっちゃ充実してるから時間を無駄にはしてないんですけど、もっと外に出るように習い事とか始めてみたいと思っています。殺陣とかアクションの教室があるみたいで、体を動かす系を習ってみようかなと。それなら、お仕事にも生かせるかもしれないですしね!
▽大和田南那(おおわだ・なな)
1999年9月15日生まれ、千葉県出身。A型。159センチ/B80・W61・H86。
Twitter:@Nana_Owada728
Instagram:@nanaowada_official